本日の一曲No32:アイスキャッスル~愛に生きる二人

どんなスポーツが好き?PART2・・・
子供がどんなスポーツが好きになるかというお話の第2弾。
私はTVの影響とどんな人と関わるかが大きい要因だと思います。
長男が幼稚園の時、サッカーのJリーグが発足しました。
そのときは、幼稚園での遊びと言えばサッカーで、誰に聞いても将来何になりたいかと聞くと「サッカー選手」でした。家の息子も御多聞にもれず、「サッカー選手」と答えていたのですが、去年の今頃は消防士さんだったじゃない?と、変わり身の速さと世間に流されていく息子を半ばあきれて見ていたものでした。
でも、長男は自分ではサッカーをしている”つもり”だったらしいのですが、実はボールに一度も触っていない、まわりをただ走り回っているだけと言う事に気が付いていなかったのです。
サッカーが好きというより、みんなと走り回って遊べたらそれでよかったんですね。
元来、人とぶつかって一つの物を取り合いするなんて、出来る性格ではないし、痛いのが大嫌いなのだから、サッカーなんて、無理なのです。
小学校でやっとその事に気が付いたらしく、「オレはサッカーは好きじゃない。」と言い出しました。地域の子ども会でソフトボールをやり出し、サッカー人気で人が足りないからと誘われて軟式野球を始めました。
わが子の運動神経を知っているだけに、親では絶対に薦めない道でした。
運動神経が”ない”どころかマイナスじゃないの?というぐらいドンくさい子だったので、最初は下手だと言われては泣いていたこともありましたが、クラブチームは入ったら止めれない物だと勘違いしていたせいで、止めずに続けているうちに、本当に野球が好きになってしまったようです。
守備位置も左ききということで、ファーストとピッチャー、これなら人とぶつかることもめったにありません。(でも、ファーストを守っていたとき、突っ込んできたランナーとぶつかり弾き飛ばされたことがあって、ショックみたいでした。ファーストだってぶつかることはあるんだーって)
野球に誘ってくれた人がいたおかげでめぐり会ったスポーツが大学生になった今でも続けられているということは、本当に縁ってステキな物です。
娘もやっぱり、サッカーより野球、バスケよりバレーやテニスと攻守、敵味方がはっきり分かれて行なう競技が好きなようです。
そう思ってみてみると、近所のお子さんたちを見ると兄妹で好みが似かよるということがあるみたいで、男の子が野球だと、女の子はバレーやテニス。男の子がサッカーだと女の子はバスケという組み合わせの家が多いようです。
TVの影響も大きいと書きましたが、冬になると思い出すのが、長野オリンピックのことです。
長男は小学校2年生だったと思います。
テレビでスピードスケートの放送を見ていて、何を思ったのか突然「僕、スケートの選手になってオリンピックに出る。」と言い出したのです。
あんたの運動神経じゃむりでしょ、とも言えず、「あ、そう。いいよ」と言っておきました。
5分後、選手が転倒して、壁に激突!担架で運ばれるシーンが映されると
「お母さん、僕、やっぱり、スケートは止めとくわ。」
「はいはい」
たった、5分間のはかない夢でした・・・。

本日の一曲No32:アイスキャッスル~愛に生きる二人
冬季オリンピックの花、フィギュアスケート、見てると簡単に出来そうに思うんだけど、
出来ないいんだなぁ~これが。
私は、ペアの種目が一番好きです。ロシアのチェルカソワ・シャフライ組が特に好きでした。
知ってる人いるかなぁ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 子供会お祭り

    Excerpt: 子供会のお祭りがありました。地区にある神社の収穫祭とあわせての開催です。全ての子供会が共同で行うので、結構な人数になります。 お祭りの内容はゲームが中心です。子供たちはカードをもらい、そこに記入し.. Weblog: 育児 保育 子供の活動から発見 racked: 2007-11-25 17:19