本日の一曲No143:影武者~落日のテーマ

似たもの同士・・・

先週末、娘の部活の大会があったので、祖父母が観戦に来てくれていました。

おじいちゃん、つまり私の父と娘は性格がよく似ている。
一言で言うと、マイペースの頑固者。
ただの寂しがり屋のわがままとも言えますか・・・。

長期休みになると、娘は一人でおじいちゃんのところへ出かけたりするのですが、
帰ってくると必ず言うことが、
「おじいちゃんは、おばあちゃんじゃなかったら、とっくに離婚されとる。
もっと、おばあちゃんに感謝しなきゃ駄目だよね。」

職業柄(運転手だったので)出かける前に、機嫌を損ねて、事故でもされたらと、
父を甘やかした(?)せいで、結構亭主関白な父。

ところが、本人には、全くその意識がない。
テレビで熟年離婚のバ番組を見たりすると、1週間ぐらいは少し大人しくなるみたいだけれど、
すぐ忘れて、いつものペースになるらしい。

そういう娘はおじいちゃんの事はよく見えるらしいが、
やっぱり、自分の事となると、見えてない。

でも、自分でも言うんです。
「何で、私はおじいちゃんに似たんだろ?」

性格が似ていると言う事は気付いているみたいなんだけど、
それを直そうとはしないところも、
おじいちゃん似ってことで・・・。

本日の一曲No143:影武者~落日のテーマ
1980年、黒澤明氏監督。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。
影武者=似てないとねー。
表面上の影武者は見た目が似てなければ話にならない。
その身を晒すことで、存在価値があるわけだが、
世の中には、もう1種類の影武者がいると思う。
こちらは敢えて存在を消す事で、思想を存在のあるものにする?というのか・・・。
まるで、月と太陽とでも言うように、日向で動く人間を、影で支える人間がいるように思う。
果たして、どちらがやっかいな存在なのか・・・。影武者<普及版>
影武者<普及版> [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック