本日の一曲No205:ラスベガスをぶっつぶせ~You Can't Always Get What ・

アルバイト・・・

息子が始めてやったアルバイト。
コンビニの店員さん。
丁度1年前、初めて面接という物を受け、
研修を受け、仕事という物をやった彼。
お世話になったお店も今日が最後の日です。

高校時代は、学校と部活が忙しくて、一度もバイトをせずに、大学へ。

大学生になって、お金がほしいのと、いろいろ経験をすることを目的に、
バイトをやってみることに。
高校の頃、友達がやっていて、一度自分でもやってみたかった、
コンビニのバイト。

1年間にいろんな経験ができたようです。
彼から今日来たメールに、
「今日で最後、はりきって、行ってきまーす。」
とありました。

主人も私も、一度は、人に頭を下げて、
「ありがとうございました。」
と言う経験が出来るバイトがいいと思っていたので、
コンビニのバイトは彼にとって、良かったと思っています。

彼が、○○マートでお世話になるようになってから、
コンビニを使う時は、できるだけ○○マートを使うようになりました。

息子が雇って貰っている店は東北だし、
私達が住んでいるのは東海なので、
全く関係ないようなのですが、
それでも、息子がお世話になっていると思うのと、
雇っていただいたという事は、
息子をある意味認めてくれたという思いがあって、
そのコンビニを利用することが増えました。

娘は、そんな事を聞いても
「ふーん」
と言っていますが、
彼女が来春からお世話になるのも、
販売関係の会社なので、
最近では、普段の買い物も、
そのお店で買うことが多くなったし、
今までだったら、込むから嫌だとか言っていたのに、
主人なども、たまに駐車場が空いていたりすると、
返って心配になるようです。

人間の感覚なんて、自分勝手なものですね。

本日の一曲No205:ラスベガスをぶっつぶせ~You Can't Always Get What You Want
貧乏学生のバイトがカジノの荒らしっていうのもさすが、アメリカですが、
普通の(じゃなかった、彼は天才でした)マジメな学生が、
お金の魅力に引き込まれていく過程が、哀しくもあり、生っぽくもあり・・・。
才能をどう使うかは、自分次第ですが、
学生として、いろいろ考えることもある映画だと思いました。
主人と二人で見た後、息子にも薦めた映画です。
(彼は、映画館で見るお金と暇がないので、DVDレンタルを待つそうな)
工学部で、数学が結構得意、お金に余裕はなく、マジメ。
と、主人公と結構接点がある息子が
彼の生き方をどう見るか、楽しみなところです。

映画から帰ってきて、分からなかった確立の問題を、
主人は早速息子に電話で聞いていました。
答えが帰ってきたので、へー、御主なかなかやるなーと、
自分の息子をちょっと見直した、
と同時に、ほんとに、私達の子か?
という危険な発想も・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック