本日の一曲No213:機動戦士ガンダム00~REBOOT

檜舞台・・・。

人ぞれぞれ、器に似合った檜舞台と言うものがあると思うのです。

今、世は正にオリンピックという
国際舞台の上で活躍している選手に夢中である。
スポーツを志したことのある人なら一度は出てみたいと憧れる大舞台。
そこまで、たどり着けた人の凄さは、言葉では表せない。

つい先日までは、甲子園の夏季大会が行なわれていた。
高校総体という、高校生にとっては、最高の夢舞台。
全国大会に出場できるということも又、素晴らしいことだと思う。

我が家の二人の子供は、その全国大会を目指して、
それぞれスポーツをがんばってやっていた。

しかし、二人とも、後一歩及ばず、
高校生としての最高の夢舞台に立つことはできなかった。

その後、息子は、大学でまだ野球というスポーツを楽しんでいるわけだけれど・・・。

中学ではエースナンバーを背中に、それなりの成績を上げ、
高校では、一時はベンチにも入り、公式戦で登板もし、
完投していた頃もあった。
しかし、2年の秋、選手としてではなく、スタッフとして
チームに貢献することを言い渡されてからは、
バッティングピチャーや、グランド整備と、
野球そのものを楽しむ事はなくなり、
大学へ入ってから再び始めたピッチングも、
以前の様にはいかなかった。
毎日、マッサージをしていたからわかるのだけれど、
全盛期のような筋肉は、未だに付いていない。
亀の甲羅の様に盛り上がっていた背中は、ペッチャンコだ。

当然、登板しても、フォアボールやクリーンヒットが多く、
点を取られては降板するという、悪循環。
その内、肘を痛めて、ボールを投げることすら出来なくなってしまった。

でも、その間、走りこみ、基礎体力の強化を頑張ったおかげで、
最近、ようやく試合にも登板できるようになった。
ピッチングから放れていたのが良かったのか、
ピッチング内容が良くなった。
まだ、点を取られはするが、本人も満足できる内容になってきた。

そして、今日夕方、息子から珍しく電話がかかってきた。
今週末の新人戦で、先発をするように言われたらしい。

いつもなら、夜中、メールがポソっと届いているぐらいなのに、
わざわざ、電話をしてきたところを見ると、
かなり嬉しかったのだと思う。

監督さんも怪我上がりだから50球まで、という限定付きだそうだが、
そうやって、体の事を第1に考えていただけることが、
又、嬉しい。

息子に取っては、久しぶりの先発。
50球で完投してきたら、と冗談を言いながら、
気負わずに、楽しんで来て、
とエールを送った。

おー、という控えめな返事から、
本当は、チョー嬉しいんだろうなーと・・・。
電話を切ってから、少し目頭が熱くなった。

息子にとっては、少し遅くなった、大舞台。
どうか、50球、悔いのない投球ができますように。

あーあ、近かったら、見に行くのになー、残念。

本日の一曲No213:機動戦士ガンダム00~REBOOT
今の、息子の心境からして、行け行け、ドンドン、という感じではないように思うのです。
もっと、心の底からじんわりと湧いてくる闘志というか、覚悟というか・・・。
そういう感覚で、試合を迎えるんじゃないかと。
それは、私の希望でもあって・・・。

この曲、そんな心境にピッタリで、
息子にも明日あたり、一度聞いておけと言ってみよう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック