本日の一曲No224:カモメのジョナサン~メインタイトル


競技をするということ・・・。

先週の日曜日は、娘が久しぶりに大会に出るというので、
主人と観戦に行きましたが、
今回のレースは、市民大会。
大会の主旨も、タイムや成績より、ボートやレガッタという競技を、
もっと、一般の人にも知ってもらおう。
という大会だったので、
娘達も、部活を引退した3年生は、
クラスの中で、ボートを漕いでみたい子や、
友達を誘って、チームを組んで出場しました。
(毎年、こんな感じでやってます)

とはいっても、クラス別に成績が出るので、
娘達は、ジュニア女子の部でエントリー。
優勝すれば、金メダルも貰えます。

結局、3艇が出艇することになり、
最悪、3位でも銅メダルというレースだったのですが、
元々、A艇を漕いでいた子達は、
メンバーから、漕ぎ手の配置から、勝ち狙い。
娘達の艇は、B艇から二人と、素人二人。

配置も、娘は、バウ。
娘が最後まで、そのポジションにこだわったのか、
一番後ろからだと、素人の子の漕ぎが見えるからか、
どちらにしても、楽しむことがメイン。

結局、1位とは1秒差の2位。
いつも、後一歩及ばないところが、
最後まで、娘達のクルーらしかったです。

競技といっても、陸上や、ボートの様に、タイムレースの場合と、
野球や、サッカーの様に、対戦相手によって、大きく左右される競技とでは、
プレーする方も、観戦する方も、心理的に差があります。

家の場合、娘と息子が、全く違ったスポーツだったので、
それぞれの楽しみ方をさせてもらいましたが、
二人とも、勝負の結果に対する執着心が薄い、
というのは家系なのか・・・。

勝ち負けだけが、スポーツから得るものではない、
とは思いますが、勝負である以上、
価値を目指す気持ちだけは強くもなたいと、勝てる試合も勝てません。
まあ、本人達は、勿論、勝つつもりで闘っているんでしょうし、
そのために、練習もしてるんですけどね。

息子は、昨日から、秋のリーグ戦が始まったのですが、
やはり、厳しいスタートのなった模様。

なかなか、結果に結びつかない時に、応援するのも、
何て言ったらいいものか、気を使うものなんですよね。

オリンピック選手の親に比べたら、
そんな心配は、小さなことかもしれませんが、
怪我をせずに、頑張ってという気持ちは同じだと思っています。

今日も負けたみたいで、2連敗。
どうか、春の10連敗よりはいい結果で終われますように。
って、毎日の様に、神様にお祈りしてるのに、
神様、聞いてる???

本日の一曲No224:カモメのジョナサン~メインタイトル
子供は二人とも、団体競技ですので、
自分ひとりで結果を出せるわけではないのですが、
その事に甘えてはいけないし、
言い訳にしてもいけない。
逆に、自分の至らなさは、チームに迷惑をかけるのだから、
先ずは、自分を高める事を忘れないでほしいと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック