本日の一曲No253:ルパン3世~炎の宝物

画像

画像

画像
天敵、いきまーす・・・。

動物に天敵があるように、
人にも苦手な相手というものがあるようですが・・・。

我が家のペットくんたちには、
娘の存在が、天敵かもしれません。

昨日の夕方、
ジリスのトーポにエサをやっていたときの事でした。
そのとき、娘はピアノの練習をしていたのですが、
その音が、ピタッと止まった時、
トーポの動きもピタッと止まったのです。

それは、いつも彼女が何かに警戒した時にとる行動そのもので、
ピアノが再び始まったと同時に、
又、エサをポリポリと食べ始めました。

ピアノの音が止まったという事は、娘が来るかもということで、
ピアノの音が始まったという事は、娘は来ないということ。
その辺を、きっちりと理解をしているようなのです。

では、何故、娘が天敵かって?
それはね・・・。
ジリスは、動物には珍しく、昼行性なので、
早いと、夕方には寝てしまうのです。
娘が学校から帰ってくるころには、
まん丸の大福もちみたいになって寝てしまっていることもあって、
折角、遊びたい娘には、物足りない。
そして、娘は、寝ているトーポのお腹を突っついたり、
撫で回したりして、むりやり起こすわけです。
「チューン!」
と怒って鳴いても、無駄場抵抗と言う奴で、
眠い目をショボショボさせながら起きて来る。
つまり、娘は、トーポにとっては、安眠妨害の天敵なのです。

柴犬のバウにとっても、娘は一番怖い存在で、
彼女と散歩する時は、わき目も振らず、
真っ直ぐ向いて、背筋をピーンと、直立不動状態で、
とってもとっても、いい子ちゃんして、散歩し、
あっと、いう間に帰ってくるのですが、
夜中も、彼にとっては危険な時間です。

と言っても、娘が試験勉強の最中だけなのですが、
娘は、夜、勉強していて、疲れてくると、
そのストレスの発散と、気分転換に、
ベランダで寝ている、バウのところへ行っては、なでなでし、
結局は、彼の安眠を妨害するのです。
最近では、慣れて反応しなくなってきた、と言っていますが、
バウにとっては、迷惑千番、この上なしです。

そして、私にとっても、
実は彼女は、天敵に当てはまるかもしれません。
何しろ、5分しゃべっていると、いつの間にかケンカになっちゃうし、
大体、言い合いをして勝ったためしがない。
以前に比べたら、かなりマシにはなったんですけれど、
まだまだ、彼女には、やられっぱなしです。

本日の一曲No253:ルパン3世~炎の宝物
ルパン3世の天敵といえば、銭形警部、ですよね。
でもあの二人、お互いに相手がいないと寂しい、物足りない。
結局は、良きパートナーと同じ存在。
いなくちゃ話は始まらないんですよね。
そういえば、沖縄では、
ハブ退治のために連れて行ったマングースが、
今度は、人間にとって有害動物なって、困っているという話を
訊いたような・・・。
自然に、手を加える事は、よほど注意しないと、危険なことなのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック