本日の一曲NO269:スペシャリスト

相手を見極める力・・・。

犬や猫が、相手によって態度を変えるというのは、
よくわかります。
実際、犬を飼っていて、そういう現場には多々遭遇するからです。

ちなみに、今飼っている、柴犬のバウは、
私のことを、自分より下のランクに置いているようです。
犬は、自分の事を、家族の一員だと思っていて、
その中の下から番目に位置づけていると言うことを、
聞いた事がありますが、正にその通り。
で、もって、私が下なわけです。
今まで飼ってきた2匹のワンちゃんは、
娘を下に見ていたのに、
こんなところまで、世代交代の波?は、
押し寄せているのでしょうか・・・。

とにかく、あの人が帰ってきたら、エサ。
あの人は、散歩。
で、あの人は、何の取り得もない。
と言う具合に、帰ってきたときの態度、鳴き方、全てが違う。
私は、何をしてやるわけでもないので、
当然、無視されることが多い。
知らない訪問者にでも、もう少し愛想振りまくくせに、と
ちょっと、ムカっとくる事もあるけれど、
帰ってくるたびに、当てにされても大変なので、
適当になでなでして、良しとしている。

犬は、まあ、それでいいのですが、
ビックリするのは、家へ来て、もう直ぐ半年になる、
リチャードソン・ジリスのトーポです。
体長30cmほどの小さき体のわりには、頭がいい。
誰が来たか、ということもしっかり判断して、動いている。
お昼休みに家に帰ってくる私は、
どうしても、エサをあげる回数も、顔を見る回数も多くなるからか、
朝も、主人が側を通っても寝ているらしいが、
私が行くと、網のところへやってきて、エサをおねだりする。
その後、娘が起きてくると、いじめられないように?
寝たふりをする。

人間社会にもあることだけれど、
一概に、ダメとは言えないことろがある。
人によって態度を変えると言う事は、
大きく二つに分かれると思うのだけれど、
相手が、上司だから、お偉いさんだから、先生の前だから、という、
立場、権力へのへつらいだけの場合、
(どう見ても、普段と違うやん、という裏表の態度丸出しの、そこの君!!)
そういう人は、私のランク付けでは最低。
まず、そういう人間は信用しないに限る。

けれども、上司や、目上の人には、それ相当の対応をするべきで、
それが出来ないのは、NG。
後者と同じ事は、同僚にでも、お客様にでも、
全ての人間関係において、大事なことであり、
スムーズに、事が流れていくかどうかは、そこに掛かっていると言っても
おかしくはない。
電話のオペレーターや、ファーストフードの店員の、
マニュアル対応が、気に障るのは、相手によって自分を変化させる、
臨機応変という事が、出来ていないからだと思う。
取り合えず、私が実践している電話応対は、
相手の(お客様の場合)話すスピードに合わせて、
自分が話すスピードを変えること。
急いでいる、あるいは忙しそうな話し方をしている人に、
バカ丁寧にゆっくり話しても、それは親切の押し売りと一緒で、
迷惑なだけ。
パッパと、用件だけを話すタイプの人にも同じこと。
逆に、年配の方だったり、その人自信がゆっくり話をされる方には、
こちらもゆっくり、大きな声で話す。
相手が、一番聞きやすいボユームっていうのは、
案外、その人自信が発信するボリュームと同じだと思ったことがあり、
それ以来、私の勝手な法則として、その方法を使っている。

あしたから、又、お仕事だけれど、
この処、職場内がギクシャクしているのは、
お互い、相手のためにとか、思いやりの気持ちが薄れているから。
そうなっていったのは、親しき中にも礼儀ありという、
口には出さない秩序もなくなり、自分の仕事は自分がやる。
人の仕事は、その人がやる、という線引きが強すぎるからだ。
ベテランにはベテランの、年上には年上の、
その人なりのプライドというものもあるわけだから・・・。

来週一週間、キレずに済むかどうか・・・なのである。


本日の一曲NO269:スペシャリスト
1969年、あちこちの国で合作のマカロニウエスタンの映画です。
音楽は、このジャンルでは結構有名で、サントラ集でも、よく見かけます。
しかし、本文とは、全く関係のないの曲です。
スペシャリストのいう言葉だけに引かれて選んでみました。
最近は、何でも、機械やマニュアルによる平均値化で、
底辺も上がっている代わりに、
突出して何かができるという人がすくなっているように思う。
そういう私も、何もない。
でも、この年になって、その事を寂しく、又、情けないと感じている。
自信を持って、私にはこれがある、と言うものを、持ちたい者です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NIMA
2008年11月10日 10:39
別のサイトでのお話、ちょうど100話めに
なっていましたね。おめでとうございます。
今回とても読み応えがありました。私の方は
自分のパソコンが瀕死の重体でプログの更新
ぐらいしかできない状況ですが、こちらのお
話を読むことで大きな心の支えになっていま
す。これから寒くなりまた忙しい時期になり
ますが、ぜひがんばって続けてください。
2008年11月10日 12:29
励ましのお言葉、ありがとうございます。
日々の鬱憤を晴らしているわけではないのですが、
(それはこっちのブログにお任せ)
後で読み返すと、まーよく書いたわ、と、
自分でも呆れる所も多々ありますが、
最後まで頑張って更新しますので、どうぞ宜しく。

この記事へのトラックバック