本日の一曲No285:コクーン

ボケ、3連発!!・・・。

40代も半ばといえば、
ちょっと前には、初孫でも出来て、おあばちゃんと
呼ばれる頃。
ボケてきてもしょうがないか・・・。

ここ1.2年、主人も私も、
ちょっとしたことで、ボケてきたねー、と
話をすることが多くなりましたが、
昨日、今日と、ほんとに、がっくり来るような、ひどいボケが。

元々、このブログも、ボケ防止じゃない、
もう既に始まっているから、進行を遅らせるためにと、
始めたのですが、
その割には、どんどん加速して行っているような気が。

置いた物を、何処に置いたか忘れる、
なんていうのは、しょっちゅうある事なんですが、
昨日の夜は、
犬の散歩に行くのに、
懐中電灯を持って行こうとしたら、
いつも置いてある下駄箱の上に、懐中電灯がない。
あれっ、と思って、主人に
「おとうさーん、ライトどっかに置いた?」
と聴いた瞬間、右手に持っているのに気がついた。

ワー、ショック!!
置いた物を忘れるのは当たり前??だけど、
持った物を忘れるなんて!!!

そして、今日の朝。
娘のお弁当を作っていて、
冷凍食品の封を切るのに、
珍しくハサミを使いました。
それも、老化のひとつでしょうか。
手で引っ張って開けていた物が、
力がうまく入らなかったので、
引き出しから、調理用のハサミを取り出して使ったのです。
そして、その数分後、違う用事で、その引き出しを開けたら、
なんと、使った後の、冷凍食品の袋が、引き出しに・・・。

ええ”--つっ!!!
もう、言葉にならないほどのショック!!
反対にハサミを冷凍庫にしまったかと、思わず確かめてしまいました。

そして、今日のお昼の事。
そろそろ、年賀状を作らないとね。
と思い、その準備を・・・。
我が家では、毎年、木彫りで版画を作っているのですが、
干支も一巡したら、12年前の物が使いまわせるからと、
取っておいてあるのです。
ところが、この時期になって、前の版が見つかったためしがない。
今年も出てこないだろうと諦めながら、裁くっていたら、
なんと、来年の干支、牛さんの版が出てきた。
あらまー、珍しい。
こんなに、すんなり出てくるなんて。
でも、私の頭の中にあったイメージの牛とは違っていたので、
もう一巡前のだったかなー、と思いながら、出しておきました。
主人が来たので、今年は見つかったよ、と見せると、
主人も、ホントだ、と言って、散々眺めて、
これは、何年のかなー、と。
そのとき、裏に彫ってあった、午が2002、ということは、
2003かな?
あれ、それもしかして、未じゃない?

そうなのです。
よくよく見てみたら、角が丸まって下向いてるし、
頭にふわふわカールの効いた毛がのっっかっている。
二人してこれだもん、も、ヤバイ!!

でも、間違って、刷っちゃってから気がつかなくて、良かった。

しかし、サンタクロースのおじいさんは凄いよね。
結構な御歳に見えるけど、
毎年、道?夜空?を迷わずにやってきて、
一人一人の子供に、これはこの子に、
あれはあの子にと、間違わずに配っていくんだから・・・。
尊敬します!

本日の一曲No285:コクーン
1985年のアメリカ映画。
監督:ロン・ハワード、出演:スティーブ・グッテンバーグ。
音楽はジェームズ・ホーナー。
さすが、巨匠。
SF映画にも、ウエスタンと似て、お決まりのスコア展開といいますか、
選ばれし楽器の調合といいますか、
いかにも、星空をイメージするパターンがありますが、
わかっていても、いい曲はいいんですよね。
SF物としては、暖かい雰囲気の映画でした。
宇宙生物のエネルギーで、おじいちゃん達が若返る・・・。
そんな映画だったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック