本日の一曲No359:プリティーリーグ


強く・逞しく・美しく・・・。

今日、主人と女子のソフトボールの試合を見に行きました。
職場の女の子が出場するとかで、
その応援も兼ねて。

女子ソフトの試合を見たのは初めてでしたが、
野球に比べて、全体にこじんまりとした球場のつくり。
ファールグランドも狭いし、塁間も短い。
その分、観客席との距離も近くて、
間近に、プレーを見て、感じる事が出来ます。
当然、スピード間も、迫力もビンビン伝わってきて、おもしろい。
唯、野球場ほどネットなどの防護施設が無い割りに、
あの大きくて硬いボールが飛んでくるので、
その点は、注意が必要。

ネット裏に、元オリンピック選手の高山選手がいたり、
グランドには、ついこの前金メダルを取ってきたメンバーの選手が
プレーしていたり。
ソフトボールという競技をあまり知らなくても、
充分楽しめました。

息子も娘も、小学校の時は、ソフトボール部でしたし、
二人ともその後、野球をやっていたせいで、
こういう競技を観戦する機会も多かったし、
見ることも好きです。

今回、女子ソフトを見て思ったのは、
その元気のよさと、逞しさ。
よく街で見かけるへなへな男子に見せてやりたいぐらいでした。
そして、今は、競技を真剣にやっている女の子も、
みんな、かわいいし、上手にオシャレをしているな、ということを感じました。
プッチャーや、外野手には、ポニーテールの選手も多くて、
女を捨てずに美しく、しかもいいプレーをしている事が、凄いと。

見ていたら、やりたくなってしまいました。
あー、思いっきり、バットでボールを
ひっぱたきたーい。
それって、違う意味でストレス溜まってるから?
やばい・・・です。

本日の一曲No359:プリティーリーグ
1992年、アメリカ映画。
主演は、トム・ハンクス、マドンナと多彩なメンバー。
音楽担当は、なんと、ハンス・ジマーです。
ソフトボールや野球のユニフォームにポニーテールって、
カワイイですよね。
娘も、小学校の頃、野球帽にポニーテールを、
というコーチの要望?で、人生でそのときだけ髪を伸ばしていたことがあります。
でも、今日見ていて思ったのですが、
ソフトのユニホームって、どうして膝を出すのでしょう。
胴考えても、怪我しなさい、って言ってるようなものだと思うのでうが。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック