本日の一曲No361:おしゃれキャット~みんなネコになりたいのさ


やっぱり、血は争えない・・・。

今日から、娘は、配属先でお仕事。
服装も、昨日までのリクルートスーツは卒業し、
私服での出社です。

今は、事務所で、事務服が決まっている会社が少なくなってきている。
娘の勤め先も、私服で仕事との事で、
覚悟は決めていましたが、大変そう。
その為にと、秋からこっち、
普段私服を持っていなかった事もあって、
結構たくさん買ったのですが、
いざ、今日着替えて降りてきた服を見たら、
どうも、オバサンっぽい、というか、
見てきたお姉さん方の雰囲気を気にしすぎているようで、
高校を出たばかりの娘には、どうも変。

自分で判断し、決めていく経験というのが大事だ。
とは、思いましたが、
ボソボソっと意見を述べてみた。

「そのシャツ、しわ加工の生地だとは思うけど、
おじさんが見たら、ただのシワクチャだよ・・・。」

「そうかな・・・、変えたほうがいい?」

と言いながら、二階へと逆戻り。
そして暫くして降りてきた姿を見ると、
開襟シャツの襟が、ぐわっと開いて、だらしない感じ。

「それって、上のボタン出来ないの?」

「これ以上、上にボタン付いてないもん。」

「あ、そ・・・。」

二枚とも、リクルートスーツの下に着る用にと、いただいたシャツで、
(実は、スーツもいただいたもの)
やっぱり、もう少し、お姉さんを意識したデザイン。
どうも、私の中の娘のイメージと、しっくり来ない。

「この前、来てた服なんか、いいと思うけどなー。」

あれじゃ、子供っぽいだの、遊びっぽいだの、
文句を言いながらも、私が勧めた服の上に、
スーツのジャケットを羽織って、出かけていきました。

会社でこんな服で、と叱られたら、家に帰ってこないからね、
などと、物騒な捨てゼリフをして、出かけていきました。

帰ってきたときの様子を見る限り、服装の事は大丈夫だったよう。
私も、勧めてしまった以上、一安心です。

仕事の方はどうだったかと、聞いてみると、
朝、職場に着くのが早くて、まだ誰もいない間に電話が鳴ったとか。
ええい、とばかり取ってみたらしい。
その後も、電話を取ったら、先輩から、
「やるねー」
と声を掛けられたとか。
電話って、慣れるまで、なかなか勇気がいりますもんね。
先週、研修をしてくれていた人が、
横で、ニコニコしながらその様子を見ていたとか。

今日は、3.4回電話を取ったけど、
名前を忘れたり、部署を忘れたり、
一回もまともに成功しなかったと、
ゲラゲラ笑っていました。

わが娘ながら、こりゃ結構大物かも・・・。

息子が始めてコンビニのバイトをしたときも、
先輩に言われた事が、
「いらっしゃいませ」
を初めから、言えるのは、珍しい、ということでした。

いざとなると、開き直るというか、
度胸が据わるのは、家系てきなもののようですが、
だれの血なのかは???
ということに、しておきたいと思います。
あー、主人も態度がでかい、人見知りをしないと、
よく言われるらしいです。
念のため・・・・。

本日の一曲No361:おしゃれキャット~みんなネコになりたいのさ
1970年のディズニー映画です。
ディズニー映画としては、他の映画ほど音楽は有名ではありませんが、
そこは、ディズニー映画です。
それなり、ということで。
若い女性というのは、
何故か、猫っぽい人が多いように思います。
歳をとると、豹になったりしますけど・・・。
これもやっぱり、猫族か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック