本日の一曲No389:パーフェクトストーム~スモール・ヴィクトリーズ

全試合出場!!・・・これっていいのか、悪いのか。

息子の所属する大学野球の、
春季リーグ戦が、明日で終わります。
息子の学校は、今日が最終戦でした。
(勝てば明日も試合だったんですけどね)

でもって、息子は、11試合、全試合に出場しましたー!
っていうと、凄くいい事に聞こえますが、
実は、息子はピッチャーです。
野球を知っている人ならわかると思いますが、
ピッチャーが全試合に登板するという事は、
チーム事情が良くない証拠でもあります。

先発ピッチャーの駒不足。
大学野球の場合、同じ相手から2勝しないと、勝ち点がもらえない為、
いかに二つ勝てるように、ローテーションを組むか、
監督さんの考えどころ。

一人しかいない先発ピッチャーで二つ勝つためには、
完投とか、エースのプライドなんて、関係ない。
6人いるピッチャーを何とか駆使して、乗り切る。
まさに、ベンチ25人、全員野球です。
息子以外にも、もう一人、昨日まで10試合登板の子もいました。
残念ながら、今日は登板機会がなくて、全試合とはいかなかったようですが。

79イニングに、
(何で11x9=99にならないかって、・・・)
使った投手が、のべ41人。
一人あたり、2イニングも投げていないという、不思議な計算になる。

息子は、3試合に先発。
他の8試合は、二番手、三番手、その他と、
いつ登板するのか、わからないという状況。
一番長くて、3イニング。

それでも、塵も積もれば山となるとは、よく言ったもので、
規定投球回数に最終戦でやっと到達し、
一応、記録に残る事が出来た。

本人は、リーグ開幕前から、全試合登板はあるかもと、
監督さんにも、言われていたようだが、
規定回数は、頭になかったらしい。
最後へ来て、頑張ったことへのプレゼントを貰ったようなものだ。
自責点は、計算も出来ないぐらい、ややこしい登板内容だったので、
記録員の方も、さぞ大変でしょう。
でも、多少間違ったところで、
ランキングにはそう大した影響はないと思います。

まー、ご苦労様でした。
終わってみれば、6位。
つまりは最下位に転落してしまったけれど、
選手たちは、収穫の多いシーズンだったと、満足しているらしい。
点差の割には、全試合を通してみると、おもしろい展開で、
いい事、悪いこと、いろいろと見えたシーズンでした。
選手たちが、その事を納得して、いいシーズンだったといえる事は、
順位どうこうよりも、大切なことだと思います。

今晩は、早速、打ち上げらしい。
普段は、滅多に飲み会や遊ぶ事のない真面目な部活なので、
楽しみのようでした。
こういう打ち上げなら、価値があると思います。

選手も監督さんも、お疲れ様でした。

本日の一曲No389:パーフェクトストーム~スモール・ヴィクトリーズ
2000年のアメリカ映画。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン、主演:ジョージ・クルーニー。
音楽は、ジェームズ・ホーナー。
全試合、パーフェクトな出場ということで、選んでみましたが、
息子の学校、リーグ戦が始まったころは、2位の学校に勝ったりして、
春の珍事だの、台風の目か?だのと、新聞やTVでは言われてたんですよ。

実際には、嵐の中の小舟のように、危うい試合ばかりで、
ハラハラドキドキというよりも、
気の毒で心臓が痛くなるような試合も多かったですが・・・。

その中で、息子の全試合出場は、
我が家の中では、小さな勲章。
まさに、スモール・ヴィクトリーズ です。

この曲、曲名とは裏腹に、次に来る大きな波を予想させる
スケールの大きなスコアです。



パーフェクトストーム
ソニーレコード
2000-07-19
サントラ

ユーザレビュー:
ジェームズ・ホーナー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック