本日の一曲No420:ハリーポッターと不死鳥の騎士団~ファイアーワークス


魔法の国?・・・。

昨日は、20数年ぶりに、清里へ行ってきました。


先回行ったのは、子供が生まれる前ですから、かれこれ20年。
今でも、以前の様に賑やかな街かしら?
と、娘と、娘の友達の4人で出かけてみました。
娘たちの世代には、清里はあまり聞かない場所らしかったのですが、
牧場や野原?が大好きな子たちなので、
そちらで楽しめればいいかと。

八ヶ岳付近まで行くと、さすがに涼しい。
しかも、天気が曇り時々雨で、寒いぐらい。
それでも、馬や羊を触って、牛乳を飲んでと、時間を潰し、
いざ、清里の駅前へ。
以前行った時は、まるでおとぎの国の様な派手な建物がたち並び、
都会から来た若者で溢れ返っていた通りが、
何だか閑散としている。
よく見ると、シャッターが閉まった店も多く、
派手な建物も色あせ、目に付く建物もほとんどなし。
そういえば、ここへ入る途中の国道沿いにも、
潰れてしまったお店がたくさん目に付いた。
20年前のおとぎの国は、
魔法を掛けられたように、寂れてしまっていた。
街を歩く人も、若者よりも初老の夫婦が犬を連れて歩いている、
という姿が多くて(ペット同伴OKの文字がやたらと氾濫していた)
ちょっと、拍子抜け。
それでも、娘ふたりは興奮気味でしたが・・・。

帰りの高速道路では、途中、それこそ魔法の様に、
ころころと変わる天気で。
日が照るかと思えば、ドシャ降りの雨。
そのせいで自然渋滞に。
何とか、事故もなく家に辿り着きました。

今回、初めて、ETCでの高速道路の入り口を経験しました。
止まらなくてもいいのに、今までの癖でほとんど停車状態。
それでもなかなか上がらないバーに、

「開いてよー」

と、思わずお願い。

「お母さん、止まっちゃうよ。
それに、開いてって言って、開くもん(門?)じゃないから。」

と、娘から突っ込まれました。

そうだね、そうだねと、そろそろ近づくと、やっとバーが上がり、
高速道路への道が開きました。
この瞬間が、すでに、魔法の国への入り口みたいで、
何だかワクワクしますね。

本日の一曲No420:ハリーポッターと不死鳥の騎士団~ファイアーワークス
2007年、イギリス・アメリカ映画。
音楽はニコラス・フーパー。
このシリーズとの出会いは、息子に買ってほしいと言われて買った本が始まりでした。
読んだ後、映画になると知り、そんなに人気のある本だったんだと・・・。
「賢者の石」「秘密の部屋」「アズガバンの囚人」
までは、本も表紙がボロボロになるぐらい、子供たちも何度も読み、
映画も一緒に見に行きました。
その後、「炎のゴブレット」「不死鳥の騎士団」
までは、本は買いましたが、映画は、DVDもしくはTVの放送で。
娘だけは、友達に半分むりやり連れて行かれた。
私も、「不死鳥・・」の途中までは本を読んだのですが、後は未読の状態。
先日、先に映像を見てしまいました。

上下巻になってから、どうも本も面白くない(個人的にです)。
話が長い割りに進展も少なく、唯唯暗くなっていくようで・・・。
子供たちも、映画も最近ファンタジーっていうより、ホラーだよね。
っていうのが、正直な感想のよう。
今、上映中の「謎のプリンス」も友達に誘われて行くだけみたい。
どうして、こうなっちゃったんだろ?

魔法は、ウイズリー兄弟みたいに、明るく(?)使って欲しいです。
この映画の中で、一番スカッと見れたシーンに流れた曲です。
最後、ヴォルデモートとダンブルドア先生の闘いのシーンは、
ダースベイダーとオビワンを見ているみたいでした。
ハリーはさながらルークかな。

しかし、テーマ曲のあのオルゴールの様な音色は、魔法にピッタリですね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NIMA
2009年07月21日 09:18
清里には登山部だった学生の
の頃、そして子供が生まれて
からも何度も行っています。

学生の頃は山を降りた後、なん
でこんなに派手にしているんだ
と言いながらも駅前を歩くのが
楽しみでした。子供と一緒にハ
イキングやキャンプで行った時
も最後は駅前をぶらついてカフェ
に入ったり(牛やポットの形の
家とかあった)おみやげを買う
のが楽しみでした。

今はアウトレットができて人の
流れが変わってしまったので
しょうか?あんな街は他にはな
いだけに残念です。

ハリーポッターシリーズ、うち
では長男が熱心に本で読んでい
ましたが、私と次男は映画やテ
レビで内容を知っただけです。
「指輪」のように強烈に魅かれ
る登場人物がいないと、なかな
か長い原作は読めないです。
2009年07月21日 19:06
NIMA様、コメントありがとうございました。

そうですね、時の流れというのは、恐ろしい物です。

映画と原作、いろいろ考え方がありますが、
好きな原作だから映画も見たくなる場合と、逆にイメージが壊れるから見たくない場合とが・・・。
ハリポタはわりと原作に近いイメージですけどね。
「指輪・・」は、別物として、両方GOODだと思うし、
「ランボー」や「ホースウィスパラー」の様に、ラストが変わってしまう場合も。
脚本の難しさとか、凄さとか、マジ考えちゃいます。

この記事へのトラックバック