本日の一曲No464:眼下の敵


見えない敵・・・。

密かに侵攻してくる敵は、インフルエンザだけかと思ったら、
他にもいました。
つい先日紹介した、私の横でお仕事している新入社員の女の子。
朝行ったら姿が見えない。
どうしたのかと思ったら、
昨夜、車上狙いにあったらしく、
警察に行ったりしなければならないので、
お休みとの事。
4月に買ったばかりの新車なのに、かわいそうに・・・。

その話を聞いた営業マンが、
「僕もやられたことあります。
○○君と僕と、家も前後で、
その車も、同じ日に、同じ車を買ったんですけど、
○○君の車が車上荒しにやられたと聞いて、
奥さんに家は大丈夫か。
見に行って来いって電話したら、
やられてました。」
って、笑って?話してました。

同じ日に同じ車を買ったって言う話も始めて聞き、びっくりですが、
同じ日に、車上狙いにまで合うなんて・・・

近所でも、結構、車ごと盗まれたとか、被害に会っている方
いらっしゃるようで、どれもみな、プロの犯行らしいです。

女の子の車、窓ガラスは割られるは、カーナビは取られるは。
踏んだり蹴ったり。
我が家も6月に新車、買ったのですが、
その時、
「今って、盗難避けとか付けるんですかね?」
って聞いたら、セールスの人に、即答されました。
「こういう車種は狙われないから心配ない。」
つけるかどうするかって、聞く前に、
“却下!”
我が家としては、ありがたい話ですが、
泥棒も取ろうと思わない車って、何だか寂しい気も。
家は、カーナビはついてませんし
(母ちゃんナビ専門なんで)
犯人が、危険を冒す目的がないっちゃーない。
安心してて、いいのかなー???

1957年のアメリカ映画。
主演はクルト・ユルゲンス、ロバート・ミッチャム。
英米以外の俳優さんて、あまり名前を知らなかった頃、
なぜか、このクルト・・・の名前が印象に残っていました。
ロバート・ミッチャムは、好きな俳優さんだし、
この映画、スリル感といい好きでした。
音楽は、ライオネル・ニューマン。
お兄さんは、あのアルフレッド・ニューマン。
70年前半まで、たくさんの映画を手がけています。






眼下の敵 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
洋画≪初回限定生産≫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック