本日は記念日です

2周年記念・・・。

10/15、ブログを始めてから丸2年経ちました。
3日坊主の私にとっては、長い長い月日です。
その間に、息子は成人するは、娘は社会人になるは、
私はボケるは?主人はハゲるは???

ある意味、転換期の我が家。
ブログを始めた理由は何処へやら、内容が一人歩きしているこの頃ですが、
今一番に思う事は、
ブログを始めて良かった、という事。
なぜなら、色んな方から、励ましやコメントをいただく事が出来たから。
普通に生活していただけじゃ絶対に出会えない、
遠くの方との交流は、とても嬉しくて、励みになりました。

映画音楽をテーマに入れている割には、音楽の事が書いてなかったり。
後で読み直すと、恥ずかしい記事もいっぱいありますが、
その時の自分の気持ちや生活状態が、とてもよくわかる気がします。
(怖っ)

という事で、今日はプチ特集。

2にちなんだ曲でも・・・。

2番というポジション、実は私の好きな位置です。
2という数字、そのものが先ず好きなのですが、
(ドッシリと安定感のある形とか・・)
元々、精神力が強くない私などは、
1番を死守する苦しさよりも、
(そう経験した事もないですが・・・)
上を目指す目標がある2番ぐらいが、
自分の目指す場所として心地がいい。
別の見方をすると、ずるくて強かな位置かもしれませんが、
組織としてみると、
目立たぬところで、一番を光らせる妙というような、おもしろさもある。
面白みのあるポジションですよね。

というわけで、「2」の付く映画で、探してみましたが、
案外、少ない。
シリーズものなら、いっぱいあるのですが、
テーマにするには難しい数なのでしょうかね。
その中で、好きな曲をいくつか見つけてみました。

セカンドチャンス~セカンドチャンス
1983年のアメリカ映画。
ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン・ジョン、主演。
音楽は、パトリック・ウィリアムズです。
あまり知られていない作曲家かもしれませんが、1960年代から2000年代を、
長く活動されているようです。
もう一度、聞きなおそうと思ったのに、カセットが出てこなくて、
曲の感想は・・・。


ふたり
1972年のアメリカ映画。
「ふたり」って付く映画はとても多いのですが、
その中で、ずばりそのままの題名映画で。
主演は、ピーター・フォンダとリンゼー・ワグナー。
音楽は、デヴィッド・シャイアです。


ファール・プレイ~愛に生きる二人
1978年のアメリカ映画です。
主演はゴールディー・ホーン、チェビー・チェイス。
主題歌は「愛に生きる二人」バリー・マニロウ。
映画も、サスペンスコメディーで面白いのですが、
なんと言っても、バリーを知ったきっかけになった記念の曲。
何度聞いても、今聞いても、いい曲です。

2ではあまり出てこなくても、二人となると、
結構たくさんありましたね。
「二人でスローダンスを」「二人でお茶を」「いつも二人で」
でも、もう紹介しちゃってました。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年10月16日 10:17
2周年、おめでとうございます!
フリッパーさんの、「2番」についてのコメント、
なんだか、いろいろ参考になります。
「1番」なんて、ほんとうにあるのかしら?
なんて、思ったりもします^^
「セカンドチャンス」という映画、
見たことはありませんが、
そのタイトルが指し示すのは、
「2」が、ポジティブにあらわれる、
良い場面ですね^^
そういえば、「2人」も、
ポジティブですよね。
2009年10月16日 12:47
bambi様、ありがとうございます。
このように、コメントをいただいたりする事が、
今まで続いた、一番の原動力です。
以前にも「2」について書いた事があったので、
いつだったかと、探してみました。
今読み返すと、まー、勝手な理論で、偉そうな事書いていますが、宜しかったら読んでみてください。
今後とも、どうぞよろしく!
http://mori03.at.webry.info/200808/article_18.html
2009年10月16日 16:12
08年の記事、読ませていただきました^^
あえて、No.2の立場を楽しむ人格、器。
そうですね~、つきつめると、
どちらがNo.1かも、分からなくなってきますね。
そういえば、わたしも、昔、
あるマンガの、主人公よりは、
その配下のNo.2が好きだったのです^^
2009年10月17日 07:39
現実の生活では、しがないパートのオバサンな私ですが、せめて気持ちは大きな器を感じさせる人間でありたいものです。(見た目だけは容量大きいです)
しかし、娘に言わせると、
「お母さんは、絶対、影の親分だから」
だそうで・・・。
NIMA
2009年10月17日 07:46
2周年おめでとうございます。

更新回数が多いからでしょう
か、え、まだ2周年と思ってし
まったほど、こちらのプログ
はずっと前から読んでいるよ
うな気がします。これからも
がんばってください。

私も映画や小説、漫画などで
主人公よりもナンバー2、さ
らにはもっと出番の少ない登場
人物や敵役に注目してしまう方
です。その人がなぜそうなった
か、あれこれ考えるのが楽しい
です。
2009年10月17日 09:03
NIMA様、コメントありがとうございました。
こうして今があるのも、NIMA様のお陰です。
なーんて、ホントですよ。
途中、挫折しかかった時、励ましていただいたお陰です。
読んでくださる方の少ない、当ブログですが、
コメントをいただける方も増え、その方たちとのやり取りも楽しみの一つになっています。
子どもが手を離れてしまった分、単調な日々が多く、
記事に書くことも少なくなりましたが、思いつくことを私なりに書けたらなと。
450/730、私もびっくり。
思ったより書いてました。
これからも、どうぞ宜しく。

この記事へのトラックバック