本日の一曲No481:レッドクリフ~The Battle Of Red Cliff


今年一年を振り返って・・・。

今年見た映画(劇場)

一月
・あぁ、結婚生活
・マンマ・ミーア
・K-20

二月
・007慰めの報酬
・ハイスクール・ミュージカル
・オーストラリア
・20世紀少年・第2章(主人のみ)

五月
・レッドクリフPart2

九月
・ナイトミュージアム2
・20世紀少年・最終章





今年見た映画(TV or DVD)

一月
・HERO
・ブラザーズ・グリム
・X-メン~ファイナルディジション
・ハリーポッター~炎のゴブレット
・ブロークバック・マウンテン
・ロビン・フッド
・レジェンド/光と闇の伝説

二月
・チャイルド・オブ・ホァンシー

三月
・インディジョーンズ/クリスタルスカルの王国
・エラゴン
・スパイダーウィックの謎
・バッドマン/ダークナイト
・アルマゲドン2007
・アラスカ
・ブルートルネード
・パワーゲーム
・オーシャンズ13
・ダークナイト
・レッドクリフPart1
・プレステージ
・プロポジション

五月
・カラバッジオ
・ランボー 4

六月
・亡国のイージス

七月
・ハリーポッターと不死鳥の騎士団
・ドラゴン・キングダム

九月
・容疑者Xの献身

十月
・ROMA(イギリスTV)

十二月
・スキヤキウエスタン・ジャンゴ

*一月の「あぁ、結婚生活」から始まって、「オーストラリア」
最後は、「パブリックエネミー」で締めて、デヴィッド・ウェナムイヤーと
なるはずでしたが、
「パブ・・・」がまだ見れてません。
何故なら・・、D氏の出番は全編合わせても5分、あるかないかで、
パンフレットには名前すら出ていない(?)との噂。
ちょっと、見に行くのを躊躇っています。
なんせ、金欠病なので。


読んだ本
・風の影


今年見たエンターテイメント
・Vリーグ・プレミアシーズン(主人と娘)
・ゴンチチ・コンサート
・愛と青春の宝塚
・ゴンチチ・宮本笑里コンサート
・名人戦(主人)
・野口健・講演会
・ウエストサイドストーリー・ブロードウェイ版
・○○花火大会
・風と共に来る(テアトル・エコー)
・マグロの養殖体験
・IL DIVO コンサート
・高橋尚子・講演会(主人)

振り返ってみると、
今までで、こんなにも、あちこち出かけた年はなかったと思います。
去年までは、子供たちの活動にどっぷりと浸かり、
身動きが取れない状態でしたが、
今年は、自分の趣味で、見たいものを見ました。

特に、最後の「I○ DIVO」のコンサートは、ヨカッタ!
途中、あまりにもノリの悪い、主人と娘にキレましたが、
それを差し引いても、感激有り余る内容でした。
最近購入した、ライブのDVDも、何回見ても聴いても飽きません。

ちなみに、来年は、「Ba○k atreet boys」のコンサートチケットを、
ゲットしてあります。
誰と見に行こうか、唯今思案中です。

おまけ
今朝、下宿先から、息子が帰ってきました。
今回は10日ほどいられるみたい。
こんなにゆっくり帰ってくるのは初めてです。


本日の一曲No481:レッドクリフ~The Battle Of Red Cliff
2009年、Part2が公開されました。
作曲は、岩代太郎氏。
私の中では、今年一番の映画音楽です。
是非、アカデミー賞を取って欲しいと思っています。
この音楽は、ほんと、世界に通用するいい作品だと思います。
アジア的で、且つ、世界的音感といいますか、
いいですねー。
最近、外国と日本のオーケストラの音の違いが気になっている私です。
(はっきり言います、クラッシックとか、全くわかりません。)
でも、微妙に、音の出し方というのか、表現の仕方というのか、
音質に違いを感じるようになりました。
どちらがいいとか、悪いとか、そういう事ではなく、
言葉では説明しにくいのですが、
ふーむふむふむって、感じです(わかんないよね)。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NIMA
2009年12月28日 08:48
2009年、フリッパーさんは本当にたくさん
の映画を見ていろいろなところへ出かけられ
そして更新もどこかしらほぼ毎日されてと
充実した1年だったのですね。

私は今年はひきこもりの年で(笑)見た映画
や読んだ本は本当に少なかったです。でも
1つの作品にとことんこだわったり同じ本を
何度も読んだ(映像をイメージして)1年で
した。
2009年12月28日 18:19
NIMA様、こんばんは。
今年一年、いろいろとありがとうございました。
NIMA様に、サポートしていただいたお陰で、
楽しい一年になりました。
私にとっては、転換期の今年だったように思います。
ひとりで出かけたりね・・・。
私の場合、NIMA様のように、一つの作品を、深く見たりしてないので、感想も希薄ですが、
舞台などの、演ものは、その時も感動ありますが、
何ヶ月も、何年も経ってから、ふと、その時の空気を思い出すものですね。
その感覚がたまらないといいますか、
後になって、ああー、見ておいてヨカッタって。
今年見た物の中にも、きっと、そういう出あいがあったと思います。
来年も引き続き宜しくお付き合いください。
「ヨアンナ」映画公開されるといいですけどね。

この記事へのトラックバック