本日の一曲No492:Straight Through My Heart(バックストリートボーイズ)

ハッピー・バレンタインデー!

と言いながら、毎年この日は、微妙に苦しい日?
女の子にモテナイ、息子は、
未だに、まともなチョコを貰った事がない。
いわゆる、義理チョコオンリーユーの世界なのです。

そんな息子には、一年で最悪の日のようで、
そっとしておいてくれって感じでしょうね。
いつも、娘と私からと言って、チョコを送っていましたが、
今年は、止めようかなと思ったり。
でも、一つもない子にとっては、
そんな家族の義理チョコでも、ありがたいと思うらしいと、
(個人差はあるとおもいますが)
聞いたので、
今日は、大切な人に、ありがとうの思いを伝える日?
という事にして、やっぱり送ることにしました。

娘と二人で買いに行き、
アニキのを一番最初に決め、
おじいちゃん、
おばあちゃん(おじいちゃんが分けてあげないので)
父(自分家チョコ)
友チョコと、買いました。

息子の分は、宅配で送らないといけないので、
箱を切って、薄く潰して、何とか2cmの厚さに縮めてメール便で。
手作りチョコで、手間ひまかけて、愛情表現というのは
良くありますが、
外身の加工に手間ひまかけて、経費削減というのは、
あまり聞いた事がありません。
しかし、この違いは大きい!

最初物差しが通らず、駄目ですねと言われた時は、
えーっ!
何とかなりませんか、
と食い下がり、集配のドライバーさんが、
反対から計ってくれたら通ったので、
いいですよ、と言ってくれたときは、
ありがとうございます!
と舞い上がり、いくらお金を出したのか、わからなくなるという、
どうしようもないオバサン状態でした。

そして、今日は、私にとっては大イベントの、
「バックストリート○ーイズ」のコンサートがありました。
最前列の真横の二階席だったので、アーチストの直ぐそば。
顔もはっきり見えるし、ただ、ステージを横から見る感じなので、
ダンスのパフォーマンスなどで、フォーメーションの美しさが、
イマイチ堪能できませんでしたが、
よく話しに聞く、
「目が合っちゃった!」
状態が、何回もあって、
手を振れば、振り替えしてくれるなんて事も・・・。
勿論、周りの人は、みんな、自分に返してくれたと思っているのでしょうね。
でも、いいじゃん。
その気になって、楽しめれたら、幸せってもんよ!
一曲目から立って見ていたコンサートは初めてでした。
それにしても、前の席のカップル。
幸せそうで、ノリノリでしたね。


本日の一曲No492:Straight Through My Heart(バックストリートボーイズ)
コンサートの最後、アンコールで歌ってくれた曲です。
この前の「I○ DIV○」の反省から、
歌いそうな曲を予めCDで聴いて覚えていた分、
知っている曲が多くて、楽しめました。
同じ男性4人組のユニットなのに、まー、違う違う。
両方、全く違う楽しみ方、感動がありましたが、
優れた人たちから、エネルギーを貰うというのは、
とても、気持ちがいいものですね。
若い人に混じって、こんなオバサンが大丈夫かな?
と、チョット不安もありましたが、
終わってみれば、いくつになっても、
こういう気持ちって、忘れたくないよねと、
友達と話しながら帰ってきました。












STRAIGHT THROUGH MY HEART
BMG JAPAN Inc.
バックストリート・ボーイズ

ユーザレビュー:
数回聴いただけなのに ...
自然とカラダが動き出 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック