本日の一曲No493:華の別れ~主題歌:冬の旅人

珍道中(女三代編)・・・。

先週の今曜日(19日)から、娘と二人で実家に帰っていました。
セカンドカーが出来たおかげで(せいで?)、
最近は、主人をお留守番にして、
子供たちと帰る事にしています。

水くさいようでもありますが、その方が、
皆が気楽でいいのなら、それもありだと、
割り切る事にしました。

今回は、娘と二人。
娘もやっと、運転を交替してくれる気になったので、
途中で変わり、楽をさせてもらいました。
金曜日の午後という事で、主要都市さえ抜ければ、空いています。
初心者マークをなびかせて?
ゆったりと走ってきました。

今回の目的は、20日(土曜日)に、
大阪まで、母と娘と三人で、観劇に行く為でした。
申し訳ありませんが、父は留守番。
その代わり、少し遅いけど、バレンタインのチョコと、
暖か下着をお土産に持って帰りました。

大阪までの電車の乗り換えや、料金など、
前もってインターネットで調べ、紙に書いてありましたので、
余程の事がなければ、無事着くだろうと・・・。
朝、父に駅まで送ってもらうつもりが、仕事だというので、
急遽、地元の100円バスで行く事に。
母が、時刻表を引っ張り出して、時間を調べてくれました。
家を7:35に出て10分ほど歩き、バス停へ。
ふと、時刻表を見ると、
”土曜日は、その時間のバスがな~い!!”
慌てた母が、何を思ったのか、道路を渡り、反対方向のバスを確かめに行きましたが、
やはり、”ない”。
娘の携帯電話で、タクシー会社に電話しようと、
番号を検索しても、中々、出てこない。
時間はゆっくり取ってありましたが、どうしようかと三人で道路わきで固まっていると、
「あのタクシー、あかんかなー」
と、母が、走ってきたタクシーに軽く手を上げてみた。
すると、なんと、止まってくれたのです!
聞くと、丁度駅まで帰るところだから、いいよ、との事。
母が何故、道路を渡ったのかはわかりませんが、
そのおかげで、タクシーを拾う事が出来ました。
気の良い運転手さんで、ワン区間の料金にしておいてあげると、
途中で、メーターを止め、三人で割り切れるようにと、600円にしてくれました。
まるで、神様のような運転手さんのおかげで、
安く早く駅に着きました。
今度から、タクシー使うときは、御使命にするわねと、
母が、「中川さんね」と車内の名刺を後ろの席から読むと、「中山です」。
光の具合で、よく見えなかったらしい。
そんなやり取りをしながら、帰りも是非と言ってくれたのですが、
ちょっと、時間的に無理。
降り際に、親子三代で出かけると言うと、
「姉妹と、子どもだとおもった」と。
そこで、私、どう姉妹に見えたのか、気になって聞くと、
どうも、母と私が姉妹だと思ったらしい。
「あの、私、中山さんのタクシーには乗りません。」
と、冗談を言って、降りましたが、
はっきり言って、ショーック!!
あーぁ、これって、先週、バックストリ・・・見に行った時と、
同じ格好なのに!

結局、駅にも早く着きすぎて、一時間近く待つ事に。
母は、責任感じて、パニクってしまって、
駅の構内で時刻表とにらめっこ。
○分にあると言うので、
ホームに行きましたが、私が調べた限り、
そんな時間に、電車はなかったはず。
ホームに下りて、時刻表をもう一度見て見ましたが、やはりありません。
母は、他のホームかも知れないと、駅員さんに聞き、
それでも、納得出来ないのか、暫く時刻表を眺めていました。
歳をとると、段々頑固になっていきますからねー。

やっと来た電車は、思っていたより少ない両数だったので、
待っていた位置まで来ず、早くからいたのに、座るのもバラバラ。
次の駅で空いたので並んで座り、次の乗換えま2時間。
急行列車なので、のんびりと田舎の風景を眺めながらゆられていきました。
そして、「鶴橋」で乗り換え。
8分の間に、2Fから3Fへ行き、切符を買わなくてはいけません。
間に合わなくても、5分も待てば次が来るので慌てなくても良いからと言いながら、
切符を買って、改札を通ったら、目の前に電車が・・。
内回りと外回りがあって、内回り1番線とわかっていたのに、
昇ったエスカレーターが載るはずの場所とは違った事を考えず、
目の前に入ってきた電車に、思わず飛び乗ってしまいました。
発車と同時に、反対方向に乗ったとわかり、
次の駅で降りて、反対のホームに行き、やっと、目的の電車に。
その分、込んでいない駅から乗ったので、座る事ができましたが、
あー、もう、ボケばっかりで、行き着くのが大変。
やっと、大阪駅に着き、目当てのお好み焼きやさんを見つけるのに、
此処からは、娘に任そうとお願いしたのですが、
いつもよりは、協力体制に頑張ってる感はあるのですが、
何しろ、酷い方向音痴の娘のこと。
やはり、任せっキリにもできず、結局、
駅のインフォーメーションで聞き、
時間がないと、焦りながら、熱いお好み焼きを食べ。
又、インフォーメーションに行き、劇場への道をききました。
二回も同じところで、聞くのは嫌だと言ったのですが、
娘に却下され、私が聞くことに。
ところが、オバサン化している頭は、一回聞いただけでは、
道順が覚えられない。
右に行って、次の信号を・・・と、
復唱しながら、もう一回聞き、忘れないうちにと、
一生懸命歩きました。
しかし、母は、早く歩けないので、ついつい置いてけぼりになってしまう。
娘に、あばあちゃん、頼むよ、と言ってあったのですが、
彼女自体、自分でも道を探さなきゃと、そちらに気が行ってしまって、
さっさと前を行ってしまう始末。

とんだ、三人組です。
シアターに着くと、丁度開場の時間。
結果的には、OKだったのですが、
内容もよく知らずにチケットを取ったので、
始まって、見て、びっくり。
セリフが一言もなく、歌もない。
マリンバの演奏と、音楽と、効果音だけの、ダンス(バレエ)劇。
さすがの私も、申し訳ありませんでしたが、
途中、寝てしまいました。
最後のダンスシーンなど、迫力もあって、良かったのですが、
途中、私たちの様な人もいたのでしょうね。
あちこちで、飴か何かの袋を開ける、パシャパシャ音が。
おまけに、私の前の席の女性が、やたらと姿勢がよくて、
頭に位置が、隣の人より20cmは高い。
前のめりにならないと、見えずらいという状況でした。

1時間半の公演が終わり、
(これも、短いと、ちょっと、不満)
「甘いものが食べたいねー」
と、ケーキセットを食べ、
(これが、おいしかったー)
娘のウインドウショッピングに付き合い、
すぐに、夕食。
これも、調べてあった店に何とか辿り着き、
食事が終わると、ゆっくり会ったはずの時間が、結構押していました。
慌てたせいで、母は、乗換えなのに、一枚しか切符を入れず、通路がバタンと閉まってしまいました。
今度は間違わずに乗れましたが、ギュウギュウ詰めの満員電車。
でも、周りの若い女の子たちが、母の事を気遣ってくれ、暖かい気持ちで過ごした数分でした。
「鶴橋」まで、戻ってきたと思ったら、
私が乗るつもりだった電車には、10数分しかない。
なのに、母は、ここでトイレに行くと、さっさと行ってしまう。
娘に付いて行くように頼み、次の電車やホームの状況を見ていると、
母が、「特急で帰ろう」と言い出した。
疲れてきたんでしょうね。
確実に座って帰れる方が良かったのでしょう。
時刻表を見ると、特急の方が先発で、更に時間がない!
ホームで特急券を買い足し、直ぐに入って来た電車に、飛び乗り状態でした。

母がいるからと、ゆっくり目の予定を組んだはずなのに、
結局は、バタバタ。
これも、旅のおもしろみでしょう。
(という事に・・・)
駅に着くと、母は、食べ過ぎたと言って、又、トイレに急行。
おじいちゃんが、迎えに来てくれているはずなのに、
なかなか、帰ってこない。
やっと来たと安心したら、今度は、私が、自動改札に特急券も一緒に入れてしまい、
通路がバタンと閉まってしまった。
あー、もう、何回何をやったら、気が済むのー!
案の定、おじいちゃんは、言った時間になっても来ないので、
心配していたようでした。

と、まあ、3人で珍道中、してきましたが、
メインだったはずの観劇はどっかにいってしまって、
今回のメインは、あのおいしかったスイーツかお好み焼きって、事になりそうです。

追記

帰りの高速道路で、ジャンクションの出口を間違え、
降りたい出口で降りられず、他の高速道路に乗ってしまった・・・。
ちょっと、遠回りをして降りました。
今は、ETCがあるからいい様なものの、
あー、情けない・・・。

本日の一曲No493:華の別れ~主題歌:冬の旅人
1989年、テレビドラマ「華の別れ」の主題歌です。
作曲は、久石譲。作詞は、松本一起。
何と、歌っているのも、久石譲です。
ドラマの主題歌という事を知らずに、聞いていて、好きな曲だったので、
カセットに吹き込んで、何度も聞いて覚えています。
この曲の内容と、私たちの旅の内容には、
あまりにも大きな隔たりがありますが、
この旅で思った事は、
やはり、どんな小さな旅でもいいから、
こうして、出かけるっていう事が、人生を豊にしてくれるという事。
行って見なければ、見てみなければわからない事ってあるし、
疲れたーでも、つまらなかったー、でも、
感じるという事が、大事だという事。
そして、離れて住んでいる両親ですが、
そろそろ、介護という言葉が、ちらほら、頭の中に過ぎる年頃。
いつの間にか変わってしまっている、味覚とか、趣向とか、
普段の生活の事とか、今のうちに、少しずつ知っておいた方が
いいよなーと、思う事が多々ありました。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック