本日の一曲No496:ロードオブザリング/王の帰還~THE BLACK GATE OPENS


確定申告に行ってきました・・・。

サラリーマン所帯の我が家は、本来、
確定申告とは無縁なのですが、
今年は、息子が歯の矯正治療をしたので、
支払額が10万円を越えました。

何年かに一度、申告会場に行きますが、
大抵は、この歯の治療代による事が多いです。

息子と娘と私は、歯茎も口も小さくて、
歯医者さんでは、いつも、もっと大きく口を開いてくださいと、
言われるのですが、本人はいたって、思いっきり開いている状態。
大体、治療が終わる頃には、口の端が痛い。

私はまだ、歯並びを治さなければならないほどではありませんが、
娘は、小学校の低学年の時、やはり矯正をしました。
彼女の場合、反対交合になりかけだったので、
どうしてもやらなくちゃならない状況でした。
息子の方は、健診でも言われた事はなかったので、
大丈夫だと思っていたのですが、
大学に入って、健診で矯正した方がいいと言われました。
彼の場合、ピッチャーという事もあり、
歯にはかなり、強い力が掛かっているはず。
治した方がいいと言われたのなら、治したらと。
その後、会って歯を見せてもらったら、
まあ、酷いものでした。
こりゃ、どうしようかなんて、言ってる場合じゃないわ。
という事で、即、治療へ。
インプラント治療なるもので、かなりの高額でした。
小さい時にやっておけば、もう少し、安く出来たかなーと、
今頃反省しても、時遅しです。

そして、私の場合、親知らずが4本とも、
奥歯の下に潜っているとかで、
出てきたくても、出てこられない状態。
歯医者さんからは、口腔外科へ行って、
4本全部、切って抜かないと駄目だと言われています。
(怖~)
たぶん、息子も娘も、同じ道を歩む事になるような気がします。
主人は、いわゆるスキッ歯で、歯茎がでかい。
二人合わせて、丁度いい具合になって、子どもに出てきたらよかったのにね。

声の大きさって、口の大きさに影響する気がしますが、
息子は、口が小さい事もあってか、
本人がいくら頑張っても、あまり大きな声が出ません。
おまけに、声が高め。
そのせいで、野球部の先生には、よく、
蚊の泣くような声だといって、怒られたようです。
何が災いするか、わかりませんよね。

本日の一曲No496:ロードオブザリング/王の帰還~THE BLACK GATE OPENS
2003年、ニュージーランド・アメリカ合作。
音楽は、ハワード・ショア。
監督、ピーター・ジャクソン、出演は、たーくさん。
もう、皆さんご存知だと思います。
一人だけ書いておこうかな。
デビッド・ウエンハム(ウェナム)/ファラミア
この曲が掛かるのは、後半のクライマックス。
曲の始めの二音の繰り返しから盛り上がり、ゴンドールのテーマスコアへ、
そして、平和への優しいスコアへと、これ一曲で、物語が出来てしまいそう。
何故、この曲かって?
黒門が開かれるとき、冥王の実体が始めて映像で出てきますが、
それが、顔一面、醜い歯だった。
という、それだけです・・・。
だから、ジェラシックパークの恐竜の歯でも、良かったんですけどね。
たまたま、夕べ、映画を見に行って、
「タイタンの闘い」の予告編を見て、ロード・・・の映像を
思い出したので、こちらを選びました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック