本日の一曲No510:スター誕生~愛のテーマ

挑戦者・・・。

久しぶりのこの感覚。
学生という立場から離れてしまうと、なかなか味わうことのない世界。
試験・面接、人に自分の存在の価値を見定めてもらうって、
とっても緊張するし、ドキドキするものですよね。

実は、連休前に、市の財団法人が主催する、
「○○○演劇アカデミー」という講座の募集に応募してみたのです。
5月から来年2月までの約8ヶ月、毎週2回。
前半は、いろんな講義を受け、後半で一つの作品を作って公演して終了。
募集定員が30名で、今までの経験は不問。
最初から自分は音響とか、脚本とか、役者とか、
決めて受講するわけではなく、全てを学ぶのだそうな。
映画を見ても、舞台を見ても、
製作って何をするのか、演出ってどういうことなのか、
言葉だけは知っていてもよくわからない。
いや、全然わからない。
作られるまでの裏舞台を知って見た方が面白いかも。
という好奇心と、
何をやっても中途半端な私なのですが、
地方の演劇とかイベントなどを支えていくには、
広く何でもやれる力が大切で・・・。
というような紹介文を読んで、
私にでも出来ることがあるかもしれないと思ったこと。
そして、つい先日、倉本總氏が、塾をやめるに当たり新聞に載った記事に、
感動をもらうだけなら、座っていればいい。
与えるの人になるのなら、走り続けなければいけない。
というような事が書いてあって、
さて、自分は?
と考えたとき、座っているだけも面白くないけれど、走るのは無理だと、
正直思いました。
でも、まだ歩く力が残っているうちに、その第一歩を踏み出してみたいとも・・・。
さしたる才能も特技もないのに、挑戦してもいいかなと、
この募集チラシを見てから1週間考えました。
交流館へ行って、募集用紙をもらい、
記入するまでに更に1週間。
記入してから、ポストへ投函するまでに3日。
出してしまってからは、応募したのも忘れていたぐらい、
吹っ切れていたのですが、
それまでが長かった。
優柔不断な私の性格そのものでした。
その間に、家族にも相談しましたが、

「おかあさん、遂に女優デビューか?」とか。
(あのね、いままでに付いたあだ名が、
ドラえもんとか、ゴジラとか、そんな女が、
女優なわけないだろうが!)

「どうしたの?」
とか、あんまり、本気に考えてはくれませんでしたが、
反対はされなかったので、取りあえず応募したわけです。

そして、今日、仕事から帰るとポストに見慣れない封筒が。
もしやと思って見ると、やはりその結果のよう。
そのときになって、初めてドキドキしてきました。
紙を広げてみると、「合格」の文字。
嬉しかったですねー。
何にしろ、取りあえず書類選考は通ったらしい。
人に認めてもらえるって、こんなに嬉しいことだったんだなと、
つくづく感じました。

しかし、案内文を読んでいくと、初日の開校式の後、すぐ体を動かす講義があるので、
動きやすい服装で、とありました。
わ、おばさんは、最近、又、貧血がひどく動けるかどうか・・・。
不安を抱えつつ、来週には始まる新しい生活です。
主人と娘には申し訳ありませんが、
しばらくは、火曜と水曜の夜は、カレーかシチューになりそうです。

本日の一曲No510:スター誕生~愛のテーマ
1977年、アメリカ映画。
製作・総指揮・主演:バーバラ・ストライサンド。
音楽は、ケニーアスチャー。
主題歌でもあるこの曲、バーバラの歌唱がメロディが素晴らしいです。
華やかな世界へのきっかけはいろいろあるのでしょうが、
この映画のような足がかりも又、ありなんでしょうね。
私の場合、このきっかけがどこまで広がっていくのか、
楽しみでもあります。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NIMA
2010年05月07日 09:53
市の講座で演劇について脚本や演出
なども学べるなんていいですね。す
ばらしい挑戦だと思います。週2回
行くというのは主婦にとっては結構
ハードになるかもしれませんが、ぜひ
続けて習ったことを時々教えてくだ
さい。
2010年05月07日 12:35
NIMA様、
応援のコメント、ありがとうございます。
カリキュラムの中には、演劇論、舞台の仕組み、照明、音響、発声、ダンス、製作、舞台美術、脚本、演出、衣装。ヘアメイクなどの講義およびワークショップなどがあるのだそうですよ。
講師には、ヘアメイクアーティストやボイストレーナーの方もいらっしゃるとか・・。
演じる人も裏に回る人も、一通り全てを学ぶのだそうな。
面白そうでしょ。
でも、自分がやるとなると、ちょっとひけそうな事もあって・・。
でも、歩き始めたからには、がんばってみます!
内容などは、又、ここでご紹介できたらなーと思っています。
あまり期待はせずに、待っててね。

この記事へのトラックバック