本日の一曲No515:ニュースの天才


逃げちゃダメ!・・・。

昨日は、アカデミー4回目。
広報と宣伝についての講義でした。

どう違うか?
と改めて問われると、???
広報とは、第3者の目を通して書かれるもので、
どんな記事にするのかは記者さんに委ねられる。
一方、宣伝は、当事者が何を伝えたいかを選ぶことが出来る。

なるほど・・・。

でもって、記者さんにお配りする
「プレスリリース」
なる物を、初めて自分で書いてみたりしました。
架空の公演会を想定して、
タイトルやリード文、本文などを考えるというもの。
何もないところから、与えられた10分で、
作り上げるのは難しかったですが、自分なりに方向性は決まり、
それなりに紙面を埋める事が出来ました。

その後、グループになって、ひとつの案を作っていきます。
6人がひとつのグループになって、案を出し合いましたが、
大きく二つの意見に分かれてしまい、一つを捨てることに。
私は、捨てられたほうの案に近い考えでした。
途中までは意見もそれなりに言えたのですが、
自分の考えと、選ばれた案とのギャップが埋められず、
途中から、発言が出来なくなってしまいました。

自分の意見がボツになった事とは全く関係なく、
(それは本当です)
違う案についていけなかったといいますか、
納得できない設定を抱えたまま、次の事へと進めない自分がいて、
考えが出てこない。
そこで質問でもして、納得すればいいのに、
それも出来ず、新しい考えも浮かばない。
そんな時間が10分ほど。
輪の中にいても、傍観者でしかない自分。
自分も仲間の一人だということを、放棄している自分がいました。

第一回目の時、傍観者ではダメなんだと言い聞かせたはずなのに、
と、反省!!です。

しかし、半数以上は、嘗て、もしくは、今、
演劇に携わったことがある方という事で、
皆さん、とてもハイレベル。
気持ちの持ち方も、ハイテンションで、
発声なんかもとっても綺麗。
経験なくても大丈夫って、書いてあったのに・・・。
と、付いていくのがやっとなオバサンは、
息切れしながら頑張ってます。

本日の一曲No515:ニュースの天才
音楽はマイケル・ダナ。
私はあまり聞いたことのない名前だったのですが、
映画音楽はたくさん作ってらっしゃるようです。

記事を書くということは、必ずしも真実だけを書くわけではない。
という事は、先日の息子の新聞記事でよくわかりました。
「プレスリリース」
というものはインタビューされる代わりに、
こちらからアピールする重要な役割があるけれど、
嘘があってはいけない。
いくら派手であってもいいけれど、裏づけの取れた宣伝文句でなければならない。
広報という記事には、信憑性が大事なのだそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NIMA
2010年05月20日 09:02
人が集まるとどうしても強く意見を
言って中心になる人、そうじゃない
人にわかれてしまうようですね。私
も人前では強いこと言えず、後にな
って悩むタイプなのでその気持ちよ
くわかります。でもこういうことは
何もできなくても続けることに意味
があると思うので、どうかがんばっ
てください。
2010年05月20日 12:26
NIMA様、励まし、ありがとうございます。
そうですね。
続ける事って大切だと思うので、
がんばりまーす。
今の目標は、皆勤賞です。
我が家の家族が唯一強い部門です。
最後まで、自分の出来る範囲内で、やってみます。
宿題で、来週、チラシを作っていかなきゃならないので、
娘に教わりながら、PCでデザイン考えてます。
テーマも何にもないところで書けって言われても、
返って難しいですね。

この記事へのトラックバック