本日の一曲No534:パイレーツオブカリビアン・ワールドエンド~Up is down


演劇アカデミー第16回・・・。

昨日の講義は、演劇ワークショップ③。
私の場合、ワークショップって聞くと、
ああ、また、演じたりしなきゃいけないんだー・・・。
と、不安と多少の嫌悪感を感じてしまう。
なのに、何で演劇学んでるの、と突っ込まれると、
何も言えませんが、
今はまだ、演じることに快感はありません。

そして、講義ですが、この日の講師の方は、
実際に若い頃、役者をし、
今は、インプロの劇団をまとめながら、あちこちでWSの講師をしていらっしゃる。
(他にもいろいろかいてありました)

で、テーマは、「インプロ」
Improvisationnoの略で、訳すと、即興劇となるらしい。

最初に自己紹介ゲームのようなもので気持ちを解し、
その後、即興劇のハシリのようなものを実際に演じました。

先生が言われるに、
こういうWSを受ける場合の心構えとして4つ。
失敗してもいいよ・まずやってみよう・頑張り過ぎない・休んでいいよ
練習の場所では、いくら失敗してもいい。
上を目指そうとするから、失敗をするのだから、
周りの人も、そういう目で見るようにする。
最後の感想を述べるときに、いって見えた方がいました。
失敗してもいいって書いてもらったから、安心して出来た。
そうですよね、今の状況を維持するだけなら、失敗はしない。

・ゲーム1
四人の人が二つのペアになる。
演じる人と、声を当てる人になる。
観客から、講師の方が題を貰う。
(良く行くところは何処ですか?→学校、授業。
では、教室での様子を、演じてください。
舞台の上の二人のゼスチャーから、
それぞれの担当の人が、即興でセリフを言う。

劇の内容は、四人の考えによって、左右されるわけで、
演じる側、脚本側、どとらも対等の立場。
どちらのをと決められていないところが難しい。
自分が考えることに必死になると、
相手が見えないし、動かなきゃと集中しすぎると、
口を開くのを忘れてしまって、セリフが言えなくなる。
最低、二人の情報を一瞬に捉えて、自分の次の動きを考えながら、
ストーリーを進めていく。
これは、初心者には、かなり高度。
コミュニケーションをとろうとしたら、
自分が一杯一杯では駄目なんですね。
気持ちに余裕がないと、相手の声も、気持ちも伝わっては来ない。
それは、即興劇の中の事だけではなくて、
普段の生活の中でこそ、大事なこと。

・ゲーム2
一人が役者。
二人が脚本家。
三人が演出家。
となって、劇をつくっていく。

舞台の上に立っている役者の今の様子を見て、
何をしたいか、何を言いたいと思っているか、
想像して、脚本家は指示を出す。
役者は言われたとおりの演技をする。
演出家は、面白ければ、拍手をしたり、
このシーンはおかしいと思ったら、駄目だしををする。

このときに大事なのは、今のその瞬間の雰囲気?を捉えるってこと。
役者が舞台に上がる前に、そのイメージだけで
ストーリーを考えてきては駄目。
それは、既に過去のその人であって、今のその人ではない。
状態というのは、刻々と変わっていって、
二度と同じ時間、感覚はない。
のだそうです。

そうは言われても、やはり、
脚本家の人は、ついつい、自分の考えに、役者を躍らせてしまう傾向があるようで、
今の彼を見て、と何回も言われていました。

最後に、アンケートという形で、
その日に学んだこと、大切だと思ったこと、今後に生かしたいこと、
気づいたこと、などを書いて提出しました。
思ったことを、言葉にして書くということが、
また、大切なことなのだそうです。

本日の一曲No534:パイレーツオブカリビアン・ワールドエンド~Up is down
2007年のアメリカ映画。
音楽はハンス・ジマー。
3部作の宿命といいますか、2部では音楽は一部と代わり映えもなく、
私としては、物足りないというか、手抜きな感じが否めませんでしたが、
3部では、さすがジマーという聴き所がありました。
この曲には、この映画のための新しいスコアが、短い中に詰め込まれていて、
これ一曲で、テーマのサビが大体わかる。
スパロウがターナーに言うセリフ。
「お前にとってのその時は、今だった。」
このセリフが一番記憶に残っています。
(これ、一部だったかな)
瞬間を捉える、大切にするということも、
演劇の中の事だけではないと思います。
この日も、前で演じるのは、自己申告。
何度もあったチャンス?を最初から逃げていた私。
最後の最後で、やっと、演出家(見てるだけっちゃーそうなんですが)
の席へ出て行くことが出来ました。

自己紹介ゲームの中で、この先どうなりたいかという質問に、
「笑いが取りたいです」
と言ったら、皆さん笑ってくれました。
この先なのに、もう実現しちゃったじゃん!










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック