森の風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日の一曲No575:ミッション〜ガブリエルのオーボエ

<<   作成日時 : 2010/11/21 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

演劇アカデミー・・・劇作。

今週は、初めての立ち稽古がありました。

これでやっと、演出さんの考えている流れがわかりました。
基本的にどの場面で、どの位置に、どの様な明かりが欲しいのかが見えてきたので、
何とかプランが立てられそうです。
これから先は、変更は多々あるものの、元になる物があるので、
お仕事になるでしょう。

そして、水の精のシーンで使おうと思ったコンサートの照明を照明班の人に見てもらおうと、DVDと娘のノートパソコンを持っていったのに、
バッテリーが切れてて見られなかった・・・ショック!
帰ってから娘に言ったら、ノートPCのバッテリーは使ってないとすぐなくなっちゃうとか。そんな事、知らなかったもん。
仕方がないので、次の日はコードも持って行きました。
DVDはIL DIV○のグリークシアターでのライブ映像。
”NELA FANTASIA”の途中から水色のライトを使った幻想的な照明があり、
こんな感じでどうでしょうと提案してみると、
他の2人も、綺麗だし、水の中って雰囲気でいいんじゃないかと賛成してくれました。
後は、演出さんのOKが出るかどうか・・・。
映像を見ながら、どうやったらこんな光になるのかと、考証していると、
演出さんが来たので、恐る恐る、見てもらうと、
いいよと、OKが出ました!
「やったー!」
と、2人で小さくガッツポーズ。
(3人中1人は男性で、一緒にガッツポーズするタイプじゃない)
今まで、脚本もチラシのデザインも全てポシャってましたから、
初めての意見採用です。
素直に”嬉しいーー!”
唯・・。
問題は、このイメージに実際光が作れるかどうかです。
そこのところは、今度、講師の先生が来たときに相談してみようかな。
後は、狭い会場にそのイメージがあうかどうか。
経験がない私たちでは、光量の具合が良くわからないので、
その辺は、プロの助言をいただかないと仕方がありません。

そして、主催者の側として、ずっと見てくれているI氏から、
そろそろ、演出さんが、役者を動かしながらどのタイミングで
音を入れるとか、光をどうとか、指示を出しかけているので、
練習中は、横にへばりついて、キューのタイミングを聞いておくこと。
とアドバイスを貰いました。
3人中、2人は結構重要な役で舞台に行ってしまうので、
1幕.2幕は係りの仕事には付けない。
必然的に、私がオペレーターという事になってしまいます。
わかってはいたけれど、改めてそのつもりで見ているようにと言われると、
結構プレッシャーですね。

昨日は、他の市の市民劇団が上演する劇を見てきました。
たまたま、私たちが上演するものと、原作が同じということで、
脚本や演出でどう違うのか、楽しみに見てきました。
結果から言うと、全く別物。
あちらは、お話的にはほぼ原作に忠実で、
3幕を2幕にしてありましたが、2時間20分と長い。
私たちは、3幕で1時間チョットという短かさ。
会場のキャパも700対100と広さも設備も比べようがないほど。
照明係りの私としては、光の演出を中心に見てきましたが、
音響の卓が舞台後方に設置されていたので、その真横で見ました。
照明の卓ではなかったけれど、操作の雰囲気ぐらいは参考になりました。
劇中の照明ですが、設備が整っているだけに、
ホリゾント幕には綺麗な色がのるし、
星空なんかも、星球や点滅球で綺麗に演出。
う・ら・や・ま・じーと思いましたが、無い物はナイ!!
そこは工夫で何とかするバイ。
参考になったのは、朝が明けてくるシーンとか、場面転換時の暗転の使い方とか、
いろいろありましたが、
気になったのは(気に入らなかったのは)
月の表し方と、流れ星の作り方。
月の光には、特に私としてはこだわりがあるので・・・。

「きれいなお月様ー」・・・
というシーンがあって、月が重要なアイテムになっているのですが、
その時の”月”が何ともデカクて黄色い!。
ちゃんと、クレーターとかも表現されていてリアルなんですけど、
濃いブルーのバックにあの黄色いお月様はないでしょ。
子供向けのマスクプレーみたいな劇なら充分かもしれませんが、
大人が見る月。
しかも、わーキレイって思うのは、
漆黒の空に白い月。
と、私の中ではイメージが出来上がっているので、
嘘っぽくて興ざめしてしまいました。

それから、ラストの重要なシーンの流れ星。
流れ星自体、原作には登場しませんが、星は重要。
星空は普通に綺麗でした。
なので、流れ星が出るぞーって予想させるセリフがあって、
どんな流れ星が出るんだろうって、期待しすぎたのもいけなかったのかな。
サーチライトで太い光が斜めにホリゾントに映されただけ・・・。
これ?
って、ガッカリ・・・。
帰りの電車で主人とあの流れ星って上からだった?
って確認するぐらい私の中では下から上に伸びた印象がある。
照明にこだわって見ていなければ、気にならないのかもしれませんが、
一幕の終わりと2幕の終わり、重要なふたつのシーンで、
自分のイメージと合わなかったので、劇自体の印象がぼやけました。
ただ、役者さんは、皆さんとても演技が上手で、
違和感も、何の心配もなく、ゆったりと見ていられました。

というわけで、次回は演出さんの水の精のイメージに近いという、
水族館のイルカプールを見に行きます。

(一ヶ月ほど前から、無性に水族館へ行きたかったんだよね。
それも、大好きなイルカを。
何か、予兆的なものがあったのかしら???なーんてね)

本日の一曲No575:ミッション〜ガブリエルのオーボエ
1986年のイギリス映画。
音楽はエンリオ・モリコーネ。
この曲に歌詞をつけてサラ・ブライトマンが歌ったのが、
NELLA FANTASIAです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わーい、ライブ映像の照明を
パソコン持参でみなさんに見
せて、採用が決まったのです
ね。自分のイメージが人に伝
わるのはすごくうれしいこと
ですよね。そのイメージを限
られた機材でどう表現するか
がんばってください。
ピピ101
2010/11/21 09:39
NIMA様、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、やっと、劇作に参加してるって感じになってきました。
採用されたのが「IL DIV○」って事路がミソでしょ。
唯、ライトを何本使ってるんだい?
っていう、メッチャ綺麗な演出なので、イメージ壊さないか心配です。
がんばりま〜す。
フリッパー
2010/11/21 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日の一曲No575:ミッション〜ガブリエルのオーボエ 森の風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる