森の風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日の一曲No587:The Lord of the Ring/二つの塔〜Evenstar

<<   作成日時 : 2011/03/09 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

卒業・・・。

演劇アカデミー修了公演、昨日遂に終わりました。
照明班、思ったよりも大変でしたが、最後まで投げ出さずにやれました。
オバサンとしては、充分頑張ったと思います。

会場が劇の上演用のホールではなかったため、持ち込み機材が多く、
直前まで実際の操作も光もわからないと言うハンディがありましたが、
苦労した分、今ではその会場が愛おしく感じます。

何をするにしても、すんなり行くより、いろいろあった方が思い出は多くなるもの。
いい思い出となれば、最高ですが・・・。
今回も、私の”超鈍感力”と”ズ太い神経”のおかげで、
あまり落ち込まずにすみました。
当日は思ったほどドキドキもせず、緊張と言うより集中出来ている感一杯でした。
もっと、指先が震えるかと思っていましたが、
そんな事もなく、気持ちが胸から腹へと落ちて行くのが自分でもわかるような、
そんな感覚でした。

暗い袖の脇で、インカム付けて、操作している自分に酔ってました。

一回、75分ほどの上演時間が、長くもあり短くもあり・・・。
灯体も20基ほど入れ、LEDだのLEDXだのバーだの、
贅沢な機材も使わせていただきました。
こんな機会はもう二度とないと思います。

操作ミスはいろいろありましたが、満足です。
(音響さんは照明のミスも細かくチェックしていたみたいですけれど・・・)

一緒に照明を頑張った人とは仲良くなれましたし、
結局、最後に残るのは人間関係。
最後の一週間、特にラスト三日は
忙しくて大変な分、その人となりが良く出ます。
前日のゲネプロでは、講師の先生に叱られながらプログラムをパソコンに入力してもらったり。
突然、専門用語や機材の名前言われてもね。
わかんないってば!
と、心の中では先生の気迫に負けないように踏ん張ってました。
ただ、いくら怒られようが救いは次の日で終わるという事。
公演を乗り切る為、その日一日頑張らないと今まで何をしてきたのかわからなくなる。
その思いだけでした。

24人、みんなで作り上げる作品。
そのはずだったのに、当日、私の気持ちは周りの事なんて見えてませんでした。
自分の役割をこなすのに必死でした。
場所も下手袖の中。
ではけする役者さんが通ったりはしますが、
下界と隔絶された世界。
キューの音やセリフを聞き逃すまいと、それだけに集中。
何しろ舞台も客席も見えない中で照明を操作するのですから。
隣で客電の操作を担当してくれた人とはそれなりに交信もありましたが、
孤立感、はんぱなかったかな。
先生は、当日はさすがに色んなテクニックでフォローしてくれましたが、
職人かたぎの照明さんらしく、気難しい・・・。
おかげで此方も食事もろくに取る時間もなく
(覚悟はしていたので、弁当は頼まず自分でおにぎり買っておきましたが)
その方の相手をするだけで神経すり減らし、
カーテンコールのときにもほっとするというのがせいぜいで、
他の皆みたいに泪なんて、これっぽっちも出やしない。

今から思うと、役者というポジションは、当日が勝負。
その時その時、新しい発見があり、表現がある。
けれど、照明や音響というポジションは、前日までが勝負。
本番までにいかに自分の思いや考えを仕込めるか。
そこが100%。
当日はいかに100%に近づくことが出来るか。
失敗を一つするたびに、%が減っていく。
減点方式なんだなーと。
そのせいか、本番終了しても、気持ちの高揚感もなく・・・。
以外でした。
元々、笑って終わりたいという気持ちではあったので、
その点はしっかり達成できましたが、
この気持ちの凪いだ感覚は何なのだろうと。
みんなとワイワイする気にもなれず、
結局、その日の打ち上げ食事会には参加せず、家へ直行。

仲間、お客さん、皆の心に、光を届けることは出来たのしょうか・・・。


本日の一曲No587:The Lord of the Ring/二つの塔〜Evenstar
2002年の映画から。
作曲はハワード・ショア
今回の照明では、役者の邪魔にならない照明、演技がしっかりと見える照明を
一番に考えてプランしたつもりです。
派手な演出は幕間や、演技がないところで。
そんな中でこだわって作った星空。
天の川を登場させるシーンから、一つだけ残る星、そして、その星から射した光の中に浮かび上がる
赤ちゃんを抱いた若い夫婦。
(赤ちゃんの声は、息子が3ヶ月の頃の物でした)
実際にこのシーンを見ることは出来ませんでしたが、イメージ通りに出来てたのかな?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。新しいことに挑戦
するのは気力、体力、そして人間関係
ですごく大変ですけど、それでもやり
遂げたことは素晴らしいですし、これ
から生きる上での財産になります。

ちょうど今日は長男の高校の卒業式で
す。来るなと言われ謝恩会なども出る
つもりはないのですが、式だけは貴重
な区切りなのでこっそり参加します。
ピピ101
2011/03/11 08:11
おめでとうございます。
卒業と一言に言っても、若者のそれには希望と夢がある。
次のステップへの第一歩ですからね。
家の息子も大学の卒業は出来ると決まり、3月末には卒業式です。
フリッパー
2011/03/11 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日の一曲No587:The Lord of the Ring/二つの塔〜Evenstar 森の風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる