本日の一曲No596:グレンミラー物語~ムーンライトセレナーデ

懐かしい曲を聴きました・・・。

昨日は、ある演劇のお手伝いの為、稽古場へ行きました。
今までは決まっていなかったBGMとかも流しながらの練習でした。
そして流れてきたのが「ムーンライトセレナーデ」

オルゴールにアレンジしてありましたが、
いくらアレンジしてもあの曲の雰囲気が失われていない。
原曲の芯の強さといいますか、暫し感動。

曲の持つイメージが強すぎるというのは、BGMに使うのはどうかと思うこともあります。
メロディーのはっきりしている曲もしかり。
映画を見ていても、TVの番組、CMにも、
最近はリバイバルものが多いように思いますが、
懐かしく嬉しいと共に、寂しい気もします。
新しい物を生み出す力が弱くなっているのだろうか?と・・・
一方で気がつきました。
自分の歳を考えると、
世の中の中心になって活躍するする世代が、自分の年齢層の人たちなんだって。
TVや演劇、映画にしても
演出家や音楽家といった要所に自分に近い年齢の人がいるって事は、
その人たちが良かった、使いたいと思う音楽と、
私が聞いていた音楽とが重なってもおかしくはないって事なんだと。

そして、昨日の「ムーンライト・・・」
後で演出の子に(彼は25.6才)聞いてみたら、
選曲したのは音響の40代半ばの男性との事でした。
やっぱり・・・。
私たちと同年代のその方なら、この曲を選んでもおかしくはありません。
でもって、この曲のオルゴール版を探してくる辺り
さすがはプロ!
もう一曲、グレンミラーの曲をラストに使うようです。
たしか「イン・ザ・ムード」だったと思います。

実は私、グレンミラーの曲、大好きなのですが、
そのきっかけについては以前書いたのでここでは書きません。
ですが、今から思うと、
小学生でグレンミラーを聞いて、良いと思った私って、
どんな?と違う意味で変な感じもします。
まわりの皆はピンクレディーやキャンディーズって時代でしたから。
勿論、アイドルの歌もたくさん聞いたし、嫌いではなかったし、
今になってから、いい曲だったなと思うこともたくさんあります。
でも、好きとか嫌いとかとなると、又別の感覚ですよね。
どんな音楽が好きかっていうのは、
年齢には関係ないのかもしれません。
小さいから、年配だからと決め付けて音楽を与える?事は何か違っている気がします。

震災後、「音楽の力」という言葉をよく聞きますが、
本当にその人にとって心に響く音って、それぞれ違うと思います。
ガンバレ!っていうメッセージ色が強すぎると、返って落ち込んでしまう気も・・・。
人によって違うという事は、何にでもいえることですが、
最近、支援とかボランティアとかを考えたとき、
いつもその事にぶち当たり、立ち止まってしまっています。
結局、何も出来ていない。
全ての人に心地よい方法なんて、本当はあるはずがないのかもしれません。
だったら、一人でも喜んでくれる人がいるなら、
その事を見つけて実行する方が、きっといい事なんだと
そう考えた方がいいのでしょうか。
人生、ゴールが見えてくると、やっとどう生きようかなどと
一人前な事を考えたりするようです。
そんな事を考える余裕もなく、一瞬のうちに命を断たれた
たくさんの人を思うと、それすら贅沢な事ですが・・・。

本日の一曲No596:グレンミラー物語~ムーンライトセレナーデ
1954年のアメリカ映画です。
ジェームス・スチュアート、ジューン・アリソン主演の伝記映画。
小学生の頃始めてみました。
スイング・ジャズだとか、音楽の事も何にも知らずに。
何の予備知識もなく見たのが良かったのかもしれません。
それに、町のレコード屋さんには、何故か公開されてから10年も経ったような古いサントラ盤が
売っていて、母が買ってくれたことも思い出です。
決してど派手な演出があるわけではなく、子供が見ていて退屈しそうな展開なのに、
何十年も経った今でも、あの映画は思い出すシーンがいろいろあります。
トロンボーン奏者が怪我をして、仕方なくクラリネットに編曲しなおしたら
それが良かったとか(人生って何が起こるかわからないんだー)
順風満帆、これからと言うときに、突然事故で亡くなってしまうとか・・。
それまで淡々と幸せが描かれていただけに、私にはショックでした。
えっ!??って固まっているうちに流れてくる「茶色の小瓶」
何だか、この時、ある意味人生を悟ったような、そんな気持ちになった気が・・・。
(何しろ小学生でしたから???)
突然の別れ、理由の見つからない別れは、
残された者に、やりきれなさを遺し過ぎます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック