本日の一曲No626:大陸横断超特急~愛のテーマ


先週末は仙台へ行ってきました・・・。

娘がとにかく仙台にハマッテしまったようで、
行きたがるんですよね。
アニキが野球をやっている間、どんなに誘っても乗ってこなかったくせに、
最終リーグだからと見に行ったのがきっかけで、
それ以来、もう3回目かな。
たしかにステキな町で、家族みんな大好き。
だから、誰かが行こうかと言い出すと、否定する人はいません。
今回も12月から高速道路が特別措置で、無料区間などもあったので助かりました。

途中、日本海から太平洋側へと本土を縦断するのですが、
今回は新潟から福島あたり雪が凄くて、
メチャクチャ恐かったーーー!!!
道路まで雪が積もりおまけに前から大粒の雪が飛んでくる。
前を走るトラックのテールランプだけが頼り。
なのに、トラックは雪には強いので
結構なスピードで走っていきます。
付いていくのが精一杯から、とうとう置いてけぼり。
道を失いそうになりつつ、40km~50kmぐらいで何とか走ってました。
と、苦労をしている間中、主人は寝てましたけど・・・。

いつもなら半分以上は主人が運転するのですが、
今回は3/4は私でした。
それも、極悪条件の悪天候の殆んどをです。
しかも、夜の11時頃から4時までという、眠気との戦いがある時間帯。
でも、雪との格闘と、娘が話し相手をしてくれたお蔭で
眠気など全く感じませんでした。
結局、いつもなら休憩をたくさんとっても10時間で行ける所を
休憩殆んどなしで11時間かかりました。

その日のお昼は秋保温泉という、仙台から30分ほどの温泉郷へ行き、
有名な滝を見て、温泉に入って、
お昼ご飯を食べて、散策をしてとのんびり。
今までは仙台に行っても、息子の野球の観戦ばかりで
殆んどどこにも行った事がなかったのです。
午後は就活の説明会があるとかで、息子だけ先に帰り
私達三人はバスで仙台へ戻りました。

次の日は山形県にある山寺へ。
その話は次にして、
今回の旅では日本という国の面白さを感じました。
世界地図で見ると大して大きくない国なのに、
北から南へとどんどんと景色も空気も天候も変わっていく。
今までも南北の差は天気予報などの気温の数値を見てばある程度想像は付きましたが、
驚いたのは東西の差。
同じ緯度でも、日本海側と中央の山間部、そして太平洋側では
同じ時間でも天候が全く違いました。
川端康成ではありませんが、
ホント、トンネルを一つくぐると別世界のように天候が変わります。
あんなに降っていた雪が、太平洋側に近づいた途端、止んでいる。
日本という国は、案外広くて奥が深い。
しかも、狭い範囲で劇的に変化する、凄い自然に富んだ国なのですね。
ある大国のように、電車に乗って、2.3日同じ景色が続くなんて事はありえない。
それはそれで凄いのですが、
気の短い私には、そんなに長い時間のんびりと車窓を楽しむなんて事も、
ゆったりとした時間を過ごすことも、
返って苦痛になりそうです。

しかし、今の車って、どうしてフォッグランプが付いていないんでしょうね。
車のライトって遠目にすれば全て見やすくなると思っていたら大間違いでした。
雪が吹き付けてくるときに遠目にしても、
雪に反射して全面が明るくなるだけで余計に雪以外が見えなくなって
視界を遮ってしまうのです。
道の何処を走っているのかは轍を頼りにするしかない。
交通量が少なかったから良かったもののドキドキでした。
高速道路って案外道路灯が少なかったり、なかったりするんですね。
あー一週間前、スタッドレスタイヤにしておいて良かった・・・。


本日の一曲No626:大陸横断超特急~愛のテーマ
1976年、アメリカ映画。
音楽はヘンリー・マンシーニ
あまり知られていない映画かもしれませんが、
実は監督から出演陣、至っては音楽まで、
結構一流どころが集まった作品です。
特急ものの定番、サスペンスですが、コメディーと言ったほうがいいのかも?
という作品。
此処では愛のテーマを選んでみましたが、
何しろマンシーにのラブテーマです。
コメディー映画といえどもステキに仕上がってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック