本日の一曲No627:こちらブルームーン探偵社~Moonlighting

しまった!見逃した!・・・。

12/11の夜は1皆既月食だったとか。

9日の夜は車中から、綺麗だねと見ていたのに、
10日の満月を見そびれ、
11日も10時ごろまで車中で見ながらのドライブだったのに・・・。

満月に月食というイベントを見過ごしてしまった。
傍をうろうろしていただけに何とも勿体無い事をしてしまいました。

今回の旅は、結婚27年目の私達にすると
一時期流行った、「フルムーン」
ってヤツでしょうか?
主人も私も結構いい歳になって来たというのに、
貫禄やら落ち着きやらといった
熟年夫婦的感覚が全くない。
未だに毎日、馬鹿な事ばかり言って、
いい夫婦を演じてる?
ま、主人に言わせると私は3000年は生きるらしいし、
私に言わせれば、主人は5000年は生きるだろうという、
化け物みたいな夫婦だから、27年間なんて、
無きに等しい時間かもしれません。

でも隣を見れば二十歳になった娘がいて、
22歳の息子がいて、
老い先短い(はずの)親がいる。
時は確実に進んでいるのです。
その辺を一番感じるのが体力の衰えや記憶力の低下なのですが、
精神年齢だけは逆行している感がある。
ある意味、不気味?
返って心配?という話もありますが、
冗談でも、とってもブラックなユーモアでも、
笑って過ごせる図太い神経は、
何物にも変えられない大事な素質かもしれません。

先日、ひきこもりのニュースを見ていて、
娘が「お兄ちゃんは危なそうだ」
と言うのですが、
私が思う限り、うちの家族はみんな大丈夫だと思う。
一番危ないのは私だろうと言ったら、
娘に無視された・・・。
あれっ?

本日の一曲No627:こちらブルームーン探偵社~Moonlighting
月が並んだところでこの選曲です。
1985~1959アメリカTVドラマ
テーマ曲のMoonlightingはアル・ジャロウが歌っていたようです。
TVドラマと馬鹿にしてはいけない。
主演はブレーク前のブルース・ウィルス。
探偵ものだけどセンスのいいつくり。
そのあたりが曲にも反映されています。

そういえば、もう一つ光ものを見落としました。
仙台名物、光のページェント。
一つとなりの道を歩いていたのに・・。
「見ないの?」
と何度も言ってみたけど、誰ものってこなかった。
今から思うと、息子は初めての彼女と去年の今頃は光りぺ見てたんだよなー。
きっと思い出すのが辛かったのかも・・。
なんて今頃思いつくようじゃ、駄目だわ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック