本日の一曲No635:ブルドッグ(フォーリーブス)

画像



新しい家族です

先週の木曜日、娘と久しぶりに大喧嘩。
以前から、何か動物を飼いたいとのたまっていた娘でしたが、
急に強硬姿勢に出てきた。
狙いをつけていたのは、
ポメラニアン、フェレット・・・。
ずっと腰が悪かったせいで運動が出来なかった事もあり、
自由な時間はほぼTVゲームやパズル、手芸にピアノと
座り状態ばかりでしたが、
最近漸く、ジョッギングやテニスを始めました。
そして彼女いわく、
散歩の為に犬を飼う。
しかし、今既に犬がいるので主人から却下。
「それじゃ、私ゲーマーになるよ!」
「どうぞ。」
と言った会話が1ヶ月ほど前の事。
諦めたかと思っていたら、
フェレットを飼うという。
でも家にはジリスがいるので、これ以上大きなケージは増やしたくありません。
なのに、主人はOKを出してしまい、
最後の砦となった私は、敢え無く玉砕。
どうして簡単な数式も解けないのに、
ああも理屈を上手に捏ねるかと、変な感心をしつつ、
涙の敗戦でした。

彼女の言い分としては、
3年働いてきても自分が欲しいもの何も買ってない。
(うそー服とか買ってるのは数に入らないの?)
そういうもんは必需品なのらしい。
旅行といっても、年に1.2度、友達と一泊で行くぐらい。
普段、遊びまわるわけでもない。
「確かに・・。」
何だかんだと攻め立てられ、結局フェレットを飼うことに。
次の日にはペットショップへ行くからと、
言い渡されました。
ネットでどんな動物か調べてみると、
これが又、飼うのが大変そう。
小型の肉食動物って事ぐらいは知っていましたが、
扱いはほぼ犬と同じ。
予防接種に薬の投与。
おまけに暑さ寒さに弱くエアコンがいるらしい。
それに病気にかかりやすいしので、保険!
チョット待て!
いくら経費は全て娘が見るといったって、
精神的負担が大き過ぎるよ。
それでも飼うのかと何度確かめても
彼女にも言い出した意地があるようで
絶対買うと言い切る。
そこまで言うなら仕方がないと此方も諦めてペットショップへ。
いましたいました、かわいいのが二匹。
抱っこもさせてもらっていましたが、
色的にイマイチお気に入りではなかったようで、別のお店へ。
(私はドライバーとして引き回され)
しかし、そこへ行く途中、やっぱりフェレットは大変だよと言う話しになし、
お父さんさえ犬を飼ってもいいって許してくれたら
本当はその方がいいと言う。
車中から父に電話して、犬でもいいと許可を取った。
(さすが)
2軒目にもフェレットがいて、これならというのがいましたが、
心は既にポメラニアン。
犬のコーナーには生憎ポメちゃんはいませんでした。
そして、3軒目。
2階の子犬の部屋に入っていくと、いきなりポメちゃんが・・。
運命の出会い
だと、娘は思ったでしょうね。
何色がいい?
クリームだよね。
と当に、理想にピッタンコのかわいいこが
一番奥のケージにいたのです。
値札も何も関係なし!
(さすが)
「これにする!」
ブラインドアイ=一目ぼれ
ってこの事ですかね。
彼氏もこんな風に決まるといいのですが・・・。

まだお店に来たばかりで、注射やごはんがしっかりしていないので
家にくるのはそれから。
今週末ぐらいになりそうです。
今、彼女は名前をどうしようかと思案中。
犬も4匹目ですが女の子は初めて。
第切な事だけに結構難しい。
和風?洋風?
さて、どうなりますやら。

本日の一曲No635:ブルドッグ(フォーリーブス)
にっちもさっちもどうにもブルドッグ。
何故かそこだけが頭から離れない。
ポメちゃんが来て家の中がそういう状態にならなきゃいいのですが。

以前、「エイリザベス」と呼ばれて出てきた犬がブルドッグで、
周りが沈黙したという話を聞いた事があります。
名は体をあらわすと言いますが、
この風貌に「マッカーサー」とか付ける訳にはいきませんものね。

家はみんな冬生まれなのですが、
この子も12月生まれ。
主人と柴犬も12月なのです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック