本日の一曲No638:涙そうそう~三線の花

兄妹・・・ですか。

今、我が家には二組の兄妹がいます。



息子と娘、そして5歳の柴犬と2ヶ月のポメラニアン。
人間と犬の違いはありますが、
共通しているのは、アニキが優しく妹が気が強い。

今週一杯、息子が就活で帰ってきていました。
いつものごとく、疾風のように現われて去っていった。
嵐の様な人です。
11日の夜帰ってきて、16日の夕方去って行きましたが、
その間、家には何時間いたのだろう?
それくらいの方が、此方は気楽ですけどね。

息子はポメちゃんとは初対面。
ぬいぐるみみたいだねと喜んで遊んでいました。
我が家の兄妹、仲はいいほうだと思います。
娘も、何かとアニキの予定を気にしているようで、
家にいるのはいつなのか確認をして、
その日は早く帰ってくるようにしていたみたい。
就職先がこちらに決まって、家に帰ってくると、
・・・いいような、大変なような、
複雑な気持ちですが、
家族がひとり増えると賑やかになる事に間違いはありません。
ただし、財布の中身も移動が激しく、
そこのところがネックですが・・・。

もう1組の兄妹ですが、
勿論、血は繋がっていません。
本当は兄妹ではなく、先輩、後輩って事でしょうか。
驚いたのは、先輩アニキの柴犬の事です。
チビ犬は家の中、ベランダにいるアニキはそれが見えているので、
もっと、鳴いたり騒いだりするかと想ったら、
意外にも大人しく家の中の様子を見ています。
チビ子よりも今までいたアニキをかまってやらなきゃと思っていましたが、
僻んだりせず、いい子している姿に、余計に気持ちがそっちへ行きます。
何だか急に老けちゃって、おじいさんみたいな顔して寝転んでいますが、
どんなつもりで新入りの事を見ているのでしょうね。
仲が悪くても困るので、飼っている人間としては
有り難いのですが・・・。

4月になって、チビ子も散歩が出来るようになったら、
一緒に歩けるといいんですが。

どうもこの二匹を見ていても、
アニキが気が優しくて物分りが良く、
妹がオテンバでやんちゃさん。
今の世の中をそのまんま映しているような関係です。

本日の一曲No638:涙そうそう~三線の花
2006年の映画です。
兄妹を描いた内容は、当に、優しいアニキと可愛い妹。
(可愛いってところが、世間一般に当てはまるわけではないかもですが)
今回は敢えて主題歌ではなくこちらの曲を選んで見ました。
なにせ、我が家の兄妹は涙・・とうい雰囲気ではないので。

しかし、アニキの(異性としてみてるのか?)言葉は偉大で、
この前、息子が帰って来たとき、娘のスカート姿を(滅多にない)褒めたら、
昨日から友達と旅行に出かけた娘は、そのときのまんまの服装で
出かけていきました。
考えるのが面倒くさいからかもしれませんが、
私には、影にアニキの力を感じます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック