本日の一曲No642:フラワー~「ねぇ」


画像


初めての作品・・・。

今日、プリザーブドフラワーを作りに行ってきました。
娘の友達がこの春就職が決まり、
そのお祝い会を日曜日に家でするという。
その時、みんなからプレゼントとして渡すのだそうな。

お店で見ると、小さい花が数個入って結構なお値段。
そういえば、知り合いに先生がいたなと、連絡してみると、
教室をやっている方なので、作りに来ませんかと・・・。

そこで、娘にはオーダーして作ってもらうと言いながら、
自分で体験してきました。
イメージは娘が写メで送ってあったので、
それに会わせてお花の色を揃えておいてくれました。

薄い黄色をメインに、白、薄いピンク。
そして、淡いグリーンにビタミンカラーのオレンジ。
最初はバラバラの感じがして大丈夫かなと心配しましたが、
そこはさすが先生のセンスは素晴らしく、
間に入れていく小花や小物で、
まとまった可愛い感じに仕上がりました。

自分ではやろうとしないくせに、
自分の好みには妥協しない娘なので心配していましたが、
随分と気に入ってくれたみたいです。
主人の「お母さんの自信作」
という一言で、私が作ったとばれてしまい、
えーっつ!
とビックリしていましたが、
それでも文句は聞かれなかったので、まあ合格だったのでしょう。

プレゼントも用意できたし、日曜日は女5人集まって、
賑やかな時間になりそうです。
ちなみにこのメンバーは去年の成人式で再会し復活した
小学校時代の友達です。

ただ、昼食にたこ焼きをするらしいのですが、

「家にたこ焼き器あったっけ?」
「ガスコンロに乗せる鉄板タイプならあるよ。」
「じゃ、作って。」
「エエッツ!!」

自分たちで焼いて食べるんじゃないんかい!!
道理で、日程を決めるのに、私の予定を気にしていたわけです。

本日の一曲No642:フラワー~「ねぇ」
2010年の日本映画。
ここで邦画のセレクトは珍しいです。
主題歌の「ねぇ」はドリカムの曲ですね。
綺麗どころの女優さんを6人も並べた(失礼)競演させている
凄い映画です。
女性はよく花に喩えられますが、
この6人の女性たちは花に喩えると何になるのでしょうね。

ちなみに姉妹のいない私が始めて姉妹について感じたのは
若草物語を読んだ時でした。
個性の違う4姉妹のお話ですが、
何となく、花をイメージして読んだ様な遠い記憶があります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック