本日の一曲No649:第三の男

3連ちゃん!!!・・・。

おめでたい?事が続いた今週です。

21日は金環日食、22日はスカイ○リー開業。
そして、23日の今日は、
息子の就職が内定しました!!

3番目だけ世界観が違う気もしますが、
そこの所はご愛嬌ということで。
我が家にとっては、この小さな世界の出来事が一番大切で、
一番嬉しい大イベントでした。

結局10社ほど受けて、最後の砦であったところでやっと内定がもらえました。
主人も私ももう殆んど諦めていたのですが、
ご縁があったようです。
娘の時もそうでしたが、
我が子たちが何かを認められると言う事は、
親として嬉しいことです。

本社はわが街の隣の市にあります。
家には戻ってこないと思いますが、県内にいるだけでも
今までに比べれば近いもの。
この前のように災害があっても何かと安心ではあります。
ただ、今の世の中、どこの会社も外国での生産や研究が多くなり、
面接のときも、海外へ行くことは大丈夫かと聞かれたとか。
工場も県外にもあるので、果たして近くに帰ってくるかどうか、
それも本当は悔妙なところです。
とりあえず、行き先が決まったと言う事はありがたい!
彼が口ぐせのように言っていた、「出世払い」が楽しみです。
(どんな親や!)

私の職場でも最近、おめでた続き。
3人いるパートのオバサンですが、
一人は4月に息子さんが高校入学。
もう一人は娘さんが結婚決定。
そして、私ん家。

実は明日、3人でお茶をする事になっていたので、
仲間に入って楽しい時間が過ごせそうです。

職場といえば、今月は決算とともに、人の入れ替わりが、久しぶりに多いです。
倉庫のオジサンが二人辞め、配送のおじさんも辞められる。
新しく3人(ここも3か・・)入って来ました。
空気もかなり変わるでしょうね。
変わらないのは、自給ばかりなり・・・。
今年もUPなく、これで何年一緒なのだろう。
更新の書類を見たら、入社が2000年となっていた。
アルバイト時代を入れれば、2019年からという事になるのですが、
この13年間で自給が40円しか上がっていない。
信じられない・・・。
ですが、これが現実です。
この先も何年いようが、上がる事はないでしょう。
もう諦めてますけどね。

とにかく、今日はめでたい日です。
息子よ、ホントにおめでとう!!!!!

本日の一曲No649:第三の男
1949年のイギリス映画
音楽はアントン・カラス。
あまりにも有名なスコアは、今聞いても新鮮で、一度聞いたら忘れられない強さがある。
チターの音色がサスペンス映画には少々ミスマッチな感じもするけれど、
そこは楽曲の素晴らしさで良しとしましょうよ。

息子の場合、推薦枠の最後の席、三番目に滑り込んだ形での採用試験だったのですが、
まさに第三の男?として、これから先、会社に貢献できる人間になれるのでしょうか。
彼の場合、今までを振り返ってみると、結構最後までドキドキさせる綱渡り的な人生かもしれません。
結果的に第一希望を突っ走ってきた人ですが、
その割には波乱ありありで・・・。
それでも本人に危機感が漂わないので、此方ものんびりとしたものですが、
さすがに就活だけは、今の時代だけに心配しました。
今年が駄目なら後二年、勉強するのだわさ、という逃げ道はあったのですけれどね。
なにわともあれ、本人が行きたいと思ったところへ行けると言う事は幸せなヤツです。

彼の場合、3という数字がついてまわるようです。
ちなみに私は6です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ピピ101
2012年05月24日 11:11
おめでとうございます。
今は就職が厳しい時代なので決まって本当によかった
ですよね。同じ県内というのもやっぱりすぐ行けるし
なにかと安心ですよね。うちは来年あたりから息子の
就職について悩まなければならない時期になります。
2012年05月24日 19:54
ありがとうございます。
運を使い果たした感のあった息子ですが、まだ少し運が残っていたようです。
今は就活も早い時期から始まるので忙しいようですね。

来年の3月まで仕送りと学費、頑張ります!

この記事へのトラックバック