本日の一曲N0658:サンダーバード~Fireflash Landing

世の中、なんとも国際的になったものですね・・・。

今日、息子のところへメールをしたら
(どうでもいい事で)
返信が来て、
アメリカで開催される国際学会に行く事が決まったとか。
学会なんていう言葉を聞いただけで、
学のない私なんかは、ドキドキしてしまいますが、
国際なんて言葉がつくと、
どうしようもなく凄い事に思えてしまいます。

Help me!
とか
Attention please
とかしか話せなかった子が英語でスピーチだんて出来るんかいな???

でもって、主人は11月に仕事で1週間タイに行くらしい。
大丈夫かいな???

我が家の特徴としましては、
大胆不敵、緊張感なし、何処でも誰とでもお友達。
特に男どもはその傾向が強いので、
何とかなるさーで何とかなってきた人たちですが・・・。

しかし、学生生活も後半年というこの時期になって、
最後までチャンスをつかむ所は
我が子ながらさすがというか、運がいいというか。
しっかり楽しんでくれているようです。

本日の一曲N0658:サンダーバード~Fireflash Landing

言わずと知れたイギリスのTV番組です。
音楽はハバリー・グレイ。
テーマ曲も、他の曲も好きなの一杯ありますが、
今日はこの曲で。

なぜかと言うと、長くなりますが・・。
先日、とあるサイトで国際救助隊の会社に入社するというのがあって、
早速入社テストを受けてみました。
すると、その人にあった部署とかどんなタイプかとか出てくるのですが、
娘も息子も主人も成る程ピッタンコな回答が出たのです。
ちなみに、娘は幹部候補で経営の中心的存在を担う・・・(娘は現に総務人事などという部署におり、
どうも翳で会社の重役を操っている???らしいとかいないとか)
タイプは何とジェフ・トレーシー。
主人は営業マンで、タイプはゴードンだったかな?
息子は、研究者、タイプはブレインズ。
本当か??
っていうぐらい、合っている。
で、私はというと、
倉庫係でタイプはジェットモグラ。
ええっつ!
人間じゃないの!
地下でコツコツとお仕事するタイプなのだとか。
でもって、習得するといいのは高速エレベーターカーの操縦だという。
高速エレベーターカーといえば、ファイヤーフラッシュを救助したときに活躍した
国際救助隊初仕事のときの立役者。
というわけで、この曲を選んだわけですが、
なんか、私だけ違う気がしてもう一度トライしてみた。
すると、ペネロープが乗っているピンクの車だと出た。
どうして人間になれないの???
これも隠し持った武器でいざという時働く・・みたいな。
どうも、陰でとか地下でとか、
性格や活躍する場が屈折しているみたいです。

スマホのアプリの手相占いでも何回トライしても
人に手として認識してもらえなかったし・・・。
どんな人間になるかというよりも、私の場合、
早く人間になりた~い。








THUNDERBIRDS - Fireflash Landing
Silva Screen Records

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THUNDERBIRDS - Fireflash Landing の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひなパパ
2012年11月09日 10:49
コメント、失礼致します。

『サンダーバード~Fireflash Landing』、いやぁ~懐かしいですねぇ~
リアル・タイムでTVを見ていた世代です。

日本を含めて、世界各地で起きる事故や災害で危機に遭遇する人々のニュースの映像を見た時、
夢みたいな話かもしれませんが…
もし、本当に極秘機関IR〈国際救助隊〉“THUNDERBIRDS”が存在していたら…?と思うのは私だけではないと思います。
1号、2号が現場に出動。
2号のポッドには、救助用の機材が…
現地関係者との綿密な打ち合わせをするスコット、
作戦指示を待つバージル、ゴードン、そしてアランがいて…って感じでね。
もう40年以上も前に作られたSFではありますが、
様々な事故や災害を想定したストーリーといろんな垣根を無くし、国際的な協力と最新技術のメカを装備し救出にあたれば、被害を最小限に抑えられるとの考えから生まれた作品。
今、思うと、メカのかっこよさに憧れた感じでしたが、
素晴らしい救助隊員とあれだけの装備が、もしあったなら、どれだけの事故や災害から人々を救えてんだろうか?と考えてしまいます。
2012年11月09日 17:27
ひなパパ様、コメントありがとうございました。
特定のお友達以外、コメントなんて来ないところなので、先ずはビックリしてしまいました。
私も殆んどリアルタイム世代ですが、息子も娘も子供の頃に見せて育てました。
特に息子は大好きで、その影響もあってかバージルを目指し、航空工学科へ進みました。
パイロット試験も受けましたが堕(落)ちました。
なので、今はせめてブレインズを目標に技術者を志しています。
どういう関係か大学が東北だったので震災を目の当たりにし、ボランティアにも参加し、ああいう場での作業の大変さや重要性も体験したようです。
これから先の仕事に役立ってくれたらと思っています。
よく会話の中にIR作ったらという事が出るのですが、
お金が半端なくいるからな~と現実に戻って終了・・。
ま、夢に終わらせずに何とかしたいものですね。

この記事へのトラックバック