本日の一曲No659:ノルウェイの森~ノルウェイの森

森・・・。

実は28.29.30日とわが市で初めてのイベントが開催され、
ほんのチョコットですがお手伝いしてきました。

ホラーと森がテーマという事で、何ともマニアックなイベント。
しかしながら、文化が育っていない市といわれ続けていた街としては、
やっと、この様なイベントが開催できるようになった事が凄い進歩。
映像、音楽、演劇をコラボさせたアンダーグラウンド的なイベントなのでした。

しかしながら森の神の祟りか、
今日は公演時間にもろ台風が来るという最悪の事態に・・・。
結局、最終日は公演中止に。
というわけで、こんな時間にブログなど書いていられるわけです。

今回は、場内案内とか裏方のボランティアすっふとしてだけの参加のつもりだったのですが、
結局、29.30日両日の演劇で人が足りないという事で、
28日は場転要員、
29日は鈴を鳴らすという効果音の担当、
30日はスポットライトの担当をさせていただきました。

30日の公演の方は、照明係りのお手伝いの話が来たのが10日ほど前。
最初、オペを頼まれましたが、稽古に関わっていないと
ボケばあさんは、プランが頭に入りきらないし、
自分の意見や考えも提案したりする事が本来の役割にあると思っているので、
チームとしてではなく、雇われスタッフ(無料ですが)みたいな立場では
あんまりやりたくないというのが本音でした。
幸い、アカデミーで同期の男の子がやりたいと言っていると聞いたので、
彼に任したらどうですかと提案しました。
キャリアがないから・・・と頼むほうも頼まれる方も言うのですが、
どこかで始めなければ、経験なんて積めないわけで、
その点、今回のイベントは特設会場というリスクの反面、
入る灯体の数が少ないから操作は楽だろうという事で、
T君にオペやプラン、任せることになりました。
私は彼の補助とピンスポの担当です。
高校三年生というT君は、
自分の理想がしっかりあるのは言いのですが、
演出さんのやるべき事まで口出ししてしまい、
ストップをかけなければいけない事が何度かありました。
でも、言えば、「わかりました。」
と素直に聞いてくれるので、何とか・・・。

今日は朝から仕込み、場当たり、通し稽古とありましたが、
仕込から、自分の構想通りにやろうとするので、ムムム、という場面もありましたが、
私の昨日の様子から見た意見だけ言って、
後は彼のやりたいようにやってもらいました。
結局、灯体の変更などで、彼としては不本意な部分が残りつつの仕込み。
しかし、若いだけあって、私なんかより余程余裕のある態度や時間の使い方でした。

そして、中止が決まりましたが、
折角練習してきたのだからという事で、
スタッフを集めて、身内だけの発表会(ゲネプロ)と言う形でお披露目です。

私がこの劇団に関わってから10日、その稽古のたびに、
そのまったり感とのんびり感に、大丈夫かな・・・???
と心配していたのですが、
(今日まで一回しか通して見ていない)
やはり、本番だけ巧く、なんて無理です。
音響さんも最後の方は殆んど稽古に来ていなくて(もうひとつの劇団が主でしたから)
でも、その方はいつもふたつぐらい掛け持ちでやっている人だしこういう状況に慣れてるもんねと、
思い込もうとしましたが、ミスが2箇所。
T君もはっきりわかる大きなミスが1箇所に小さいミスが何箇所か。
役者の出の間違いかけや、間の悪さ、などなど・・・。
一生懸命やってましたが、本人達にとっては惨憺たる結果でしょう。

それに比べて、29日の劇団の方は完成度も高く、
演出も役者も、スタッフも良くできていて、楽しめる作品になっていました。
鈴を鳴らすだけでしたが、参加できて良かったと思える劇でした。

30日の劇団は元々7.8人しかいない上に、仕事の関係で揃って稽古が出来難いというリスクがありますが、
それならそれでやり方を工夫しなくちゃ、同じ事の繰り返しでしょう。
それに、音響、照明といったスタッフが取れないので、
どうしても外部からの調達になるわけですが、
そういうスタッフを仲間として考えていないから、
公演間際になって頼んだりと、気持ちがひとつになって来ない分、
ミスも増えるのだと思います。
今日でもゲネ直前に役者は円陣組んで、気合を入れていましたが、
そこにスタッフは呼ばれない。
29日の劇団は、鈴鳴らすだけの私でさえ呼んでくれました。
人がどれだけの仕事が出来るかって、
最後は気持ちだと思うのですが・・・。

まあ、何と言おうが言われようが、終わりました。
このイベント、今回が一回目ですが、
この先、12月、3月と続き、
毎年3回の定期的なイベントへと発展するらしい。
でも、・・・私が参加するのは、やはり今回が最初で最後だと思います。
アカデミー時代の仲間の公演があったので、
ボランティアスタッフだけでも参加しようと思ったのですが、
やはり、私がいるべき空間ではなかったな・・・。

本日の一曲No659:ノルウェイの森~ノルウェイの森
2010年、邦画。
森繋がりという事で、この映画を選んでみました。
ちょっと、ホラーっぽいところも合っているかな?
主題歌は同名の曲、ビートルズの「ノルウェイの森」
ギターの音色が印象的な綺麗なメロディーの曲でしたよね。

今回のイベントでは、音楽の部分で、
マリンバの演奏がありました。
実物をあんなに近くで見たのは初めてでしたし、
地下のギャラリーという事で、天井が低く広い空間だったため、
音響的にもよく響いて(響き過ぎ?)森のイメージにピッタリの音色でした。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック