本日の一曲No705:ハッスル(The Hustle) ヴァン・マッコイ(Van MacCoy)


ストレスって何者・・・・・。

2・3日前、息子が「会社でストレステストをうけたんだけどさー」と言って帰ってきました。
「どうせAでしょ。」
「何でそうなる?」
「誰が見てもそんな顔しとるやん。」
「そうなのー。」
って、そこで驚く方がおかしいと思うほど、今、彼は幸せそうなのです。
終電で疲れて帰ってきてるはずなのに、
「ただいまー」の声がやけに元気で頬の辺りが緩んでる。
もう、息するだけで愉しいって感じ。

「それでさ、上司がお前は受けんでもわかっとるからいいだろう、って言われてさ。」
「あたり前でしょ。」
「何で?俺的には試験もあって仕事も忙しくて結構ストレスってたんだけど。」
「それでAなら、普通だとどうなってたんだろうね。」
という、たわいもない会話。

結局たくさん質問はあったけど、6項目に分かれて採点されて全てA判定。
総合評価も勿論A。
100点満点中96点と言う高得点!
今後の対策とか備考欄には、「このままの生活を維持しましょう」しかなかったとか。
それって喜んでいいのか・・。
現代社会人として、あってはいけない事なのでは??と素直に喜べない気も。
元々、「愉しそうにしごとしてるねー」と言われていた息子なので、
きっとその頃以上に、ニコニコしながら仕事してるんでしょう。

心配なのは彼の周りの人たちです。
息子のAの風が周りの人にも好影響を与えているのならいいのですが、
周りの人たちがC判定とか、ストレス貯めまくっていたら・・・。
案外脳天気に幸せそうな人の廻りは、
その人に振り回されている場合もありますからね。
その上司の方は気の毒に、先月、息子のレポートが締めに間に合うか合わないかの瀬戸際で、
ストレスから体調を崩して休んだらしいですから。
今回のテストで、「部下の扱いに困っている」
とかあったら、迷わず○を付けているかもね。

本日の一曲No705:ハッスル(The Hustle) ヴァン・マッコイ(Van MacCoy)
1975年のアメリカ、グラミー賞受賞曲。
この曲は私が高校の体育のダンスの授業で踊った記憶があります。
ノリのいい楽しい曲ですよね。
息子にピッタリの曲だと思い選んでみました。
あの子の場合、毎日毎日、「ハッスル、ハッスル」的な生き方で、
それがもう彼の自然体になってしまっているようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック