本日の一曲No.721:SAKURAドロップス

好みの色って?・・・。

画像



去年の暮れ、突然、車を買い替える事になりました。
後2.3年は乗るつもりで使っていた車だったので、
次の車の事なんて何にも考えていませんでした。
30年来のお付き合いのディーラーさんからの電話で、
とにかく話しを聞きに来てくれというので、店に行きました。
良い返事は出来ないですよと言ってあったのですが、
とにかく困っているという事と、もう直ぐディーラーとしての仕事から離れるという事、
そして最後の取引になるから喜んでもらえるように、
つまりは安くするよ、という事であれよあれよと言う間に、買う事になっていた??
主人も私も一度も買いますという言葉は言ってないのに、
決まってしまって、店長さんが挨拶に出てきて・・・。
信頼関係のあるディーラーさんだし、こちらの車に対する選び方も良く知っている方なので
不満も心配もありませんでしたが、
とにかく急だったので、10年に一度のイベントなのに楽しむ暇がなかったのが残念といえば残念かな。

そして色を選んでと言われても、ピンとこないというか、何というか。
その方のお勧めはフレッシュグリーン。
カタログだけ見ると、何とも派手。
これはあり得ないと思いましたが、それまで乗っていた車もその人の勧めで良い色だったので、
実物は有なのかな??と・・・。
一晩考えてと言われ、家でカタログを見ながら娘と3人で相談です。
そして結局、勧められた色に決めたのですが、
よく売れている車種だと言うのに、滅多に見かけたことがない。
決めたものの不安がありました。
ですが、色を決める理由に普通なら好きな色とか、無難な色とかあると思うのですが、
どうしてこの色になったかと言うと、一番の理由は、
目立つから。
とにかくたくさん走っているこの車種なので、
駐車場でもたくさん停まってる。
主人も私も歳のせいか、何処に停めたかとか忘れちゃって、
他の人の車に手を掛けそうになったりするのです。
それで、この色なら滅多にいなから間違わないし、直ぐ見つけられる、というわけです。
好みも何もあったもんじゃありませんでした。
ですが、今年に入ってやっと納車された車を見ると、満更でもないというか、
みんな結構気に入ってます。
そして、週末、慣らしを兼ねてドライブに行きました。
帰ってくるまでに何台同じのを見るだろうねと言って出かけたのですが、
やはり帰り道、最後の休憩にSAに入るまで一台も見ませんでした。
それが、出ようとしたとき、同じ色の同じ車種が入ってきたのです。
二人してビックリするやら嬉しいやら。
すると、降りて来た老夫婦も同じ事を思ったのか、
こちらをずーっと見ながら歩いて行かれました。
まさか、同じディーラーさんに進められたのではと思いましたが、
ナンバーの地名が違っていました。
でも、不思議なもので、じーっとこっちを見られたとき、
何故か知り合いでもないのに頭あを下げて挨拶してしまいそうになりました。
好みが同じと言う事は、何か近いものがあるという感覚があるからでしょうね。
それは、たかが車の色であったとしても、
共通の趣味につながると言うか、親近感に変わるものなんだと感じた瞬間でした。

本日の一曲No.721:SAKURAドロップス
2002年、TVドラマの主題歌
作詞作曲:宇多田ヒカル

この曲名を聞くと、何故か桜色ではなくたくさんの色がころころ転がるドロップのイメージが涌いて来る。
色鮮やかな新車を見ていて、この曲が思い浮かびました。





この記事へのコメント

ピピ101
2016年01月15日 20:42
あけましておめでとうござい
ます。今年もよろしくお願い
します。

車の色、うちは本当によくあ
るタイプの色と形なので、私
は全く見分けがつかずパーキン
グでよく別の車の方に行って
しまいます。めったにない色
だとそれだけで乗っている人
に対しても親近感がわきます
よね。それに気持ちまで明る
くなる素敵な色だと思います。
2016年01月15日 21:36
ピピ様、今年もどうぞよろしくお願いします。
好みを聞かれるとき、色ってよくある質問ですよね。
私は幼稚園ぐらいのときから、”ぐんじょういろ”が好きでした。
青色、あいいろ、というのは24色絵の具にあるのですが、
この”ぐんじょいろ”っていうのは別に買わないとなかった。
その特別感と微妙な明るさと色合いが好きでした。

我が家の新車、主人が朝早く出かけるので、滅多に見ない?のですが、それなりに見慣れてきました。
道でほんとにたまにですが、同じ車を見かけても違和感はなくなったのですが、それに自分が乗って走っていると思うと、ちょと恥ずかしい、そんな感じです。
ちなみに私が乗っているのが水色のメタリックなので、二台並んだ駐車場はどんな?と思いましたが、案外この二台はしっくり馴染んでいます。

この記事へのトラックバック