本日の一曲731:LION/25年目のただいま~NEVER GIVE UP

日々成長・・・。

ブログ開設11周年記念!

と言いながらここ数年は年に2・3回しか更新できていない。
今年を振り返るには少々早いけれど、色々あった事だし少し書いておこうと思います。

1月に孫が生まれて、命名祝いに初宮参り。
お食い初めに初節句と、次々と行事がありました。
外から見てると面倒くさそうな一連の行事も、
離れて暮らしているジジババからすれば、理由をつけて会えるチャンス。
そう思うと、子供達と疎遠にならないように、想い合ったり、気にかけたり、
有難いしきたりなのかもしれません。
孫と関われることは幸せなことですが、
息子がよく家に帰ってくるようになりました。
今になって、息子が愛おしく感じるのは、何なのでしょう?
世のじい様ばあ様たちが言うほど、孫、孫、という感覚はなく、
息子が幸せそうにしていることが、本当に有難いし、嬉しいと感じる。
自分でも不思議な感じです。
そうは言っても、ニュースや映画などでも子供の話題には敏感になっていて、
パンダの赤ちゃんのニュースを見ては、
寝返りの格好が一緒だとか、歯が同じ時期に生えだしたとか、
体重が同じぐらいだとか(すぐに抜かれるはずですが)、
今までだったら想像もできない発想に、笑ってしまいます。
見に行った映画も「ライオン、25年目のただいま」「少女ファニーと運命の旅」
など、子供が主役の映画があり、良かったと思った映画でもあります。
特に「ライオン」は、今まで見た中でもベスト5に入るぐらいでした。

子供特に赤ちゃんなどは、見るたびに成長がはっきりしていて、
寝返った、はいはいした、立ち上がったと、目に見えて変化していきます。
内面はよくわからないけれど、それでも人見知りをしたり、
お母さんの胸に甘えてうずくまったりと、感情も豊かになっていく。
その点大人は目に見えての成長は中々望めない。
というより、私などは現状維持がやっと。
衰えていくことは多くても、成長なんて・・・。
でも最近、人は死ぬまで成長していくもの、していかなければいけないものなのだなーと、
感じています。
成長って言うと大げさですが、難しい本から学ぶことではなくて、
普段の生活で、ふとした会話の中から自分にはない考え方とか聞くことがあると、
あー自分ってまだまだだなーと、感じるわけで。
相手は若い娘さんだったり、子供だったりすることもある。
人と話すをするのが苦手な方ですが、
いろんな人と、少しでもいいから触れ合うこと、言葉を交わすことの大切さを
ひしひしと感じているこの頃です。

本日の一曲731:LION/25年目のただいま~NEVER GIVE UP

2017年のオーストラリア映画です。
この曲はSiaの曲。
今までNEVER GIVE UPという言葉には、何かに挑戦しているとき、
ゴールが近づいて、もう少し頑張るぞ!というここ一番の頑張り、みたいなイメージが強かったのですが、
この映画を見て、この曲を聴いて、そのイメージが変わりました。
長い時間をかけて目的を達成するという、持続的な力、ねばり。
諦めない、諦めない、諦めない!
静かにけれど強い心で、信念を貫くという、こういうNEVERもあるんだなと。
この曲は映画の流れを邪魔しない、それでいて強いインパクトとメロディがあって、
映画の挿入歌としてとてもいい曲でした。
この映画では他の曲もとても良く、映画を盛り上げてくれていました。
最近よくある、音楽だけが突っ走ってる感のない、良い音楽です。

元々、この映画を見るきっかけは、デヴィッド・ウェナムが出演していたからですが、
見て良かったと思えた映画でした。
結果、3回映画館に行ってしまった・・・。
今年は「ぱいれーつ・・・」でも、彼を見ることができ、
奇跡のような一年でした。










「LION/ライオン~25年目のただいま~」オリジナル・サウンドトラック
SMJ
2017-04-05
ダスティン・オハロラン & ハウシュカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「LION/ライオン~25年目のただいま~」オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック