本日の一曲No733:オバケのQ太郎

初体験かも・・・・。

先日、録画しておいた映画を娘と見ていた時の事です。
女性主人公が男性のっ主人公の顔をひっぱたくというシーンがあり、
頬を叩いた瞬間、テレビの隣の床に長い間置きっぱなしになっていた電気スタンドが、
いきなり点灯したのです。
タッチセンサー式の物ですが、もう一年以上も使っていなかったし、
他の番組をさんざん見ていてもこんなこと、
一度もなかったのに・・・。

娘と、「今、…付いたよね。」
「うん。」
と、何気なく会話をしつつ視線はTVの画面を離れない
お互いライトを消しに行くこともなく、無視状態でしたが、
「これって、ポルターガイストってやつ?」
「かな?」
と、気になっていることに間違いはない。
主人が風呂から出てきたので、消してもらいました。
脳天気家族でうるさい家なので、
幽霊とかもののけとかが、棲みつくようなところではない。
寄ってるとしたら、おばQぐらいのものだと思っていたのに・・・。
一体何だったんだろ・・・。

本日の一曲No733:オバケのQ太郎~オープニングテーマ
1965年、TVアニメ化
作詞 - 藤子不二雄 / 作曲・編曲 - 広瀬健次郎 / 歌 - 石川進&曽我町子
ちょうど子供のころ、よくテレビで見ていました。
怖がりな私はオバケは全くダメで、今でもサイコ系やゾンビ系など
怖い映画はまず見ませんが、
オバQなら出てきても大丈夫な気がする。
でも、やぱり実写にはして欲しくないな。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック