本日の一曲No.736:ダンシング・クイーン

チャレンジ!・・・

55歳にして初めてマラソンを走りました。
マラソンと言っても、市民マラソン10Kmですが、
小さい頃から、走ることが何よりも苦手で大嫌いだった私が、
まさかの長距離走。
勢いで応募してから、制限時間が思ったより短い事に気が付き、
完走をあきらめていました。

走り始めたきっかけは、来年、主人の退職を祝って、マラソンに参加させてあげようという企画が持ち上がったためです。
主人は若い頃からずっと駅伝やら、何やら、毎日のように走ってきた人なので、
何処かの大会で走らせてあげようという事になったわけです。
今はマラソンブームで、中々抽選に当たらなかったりしますが、
これにしようと目星をつけて、来年7月に走る予定を立てました。
そこで、家族で走ろうかという事になり、私も1年ほど前から走る事をし始めたのです。
1周4Kmほどの池の周りを走ったり、ジムでランニングマシンを走ったりしていますが、
目標は来年、まだまだ先の事だとゆっくり調整。
そうしたら、11月の市民マラソンに出てみないかというので、
そうだなー、ぐらいの軽い気持ちで申し込んだのですが、
いざ、要項を見てみると、随分と細かく時間制限があって、
関門が6か所もある。
ジムで10Km走ってみても、その制限時間には間に合わない。
ちなみに制限時間は80分です。
なので、目標は79分でもいいから完走する事。
最終を走る審判ランナーに抜かれないようにすることが目標でした。
回収車を伴走車のように後ろにくっつけて走ろうと、本気で思っていました。
出発地点も、目標タイムが遅いので一番後ろのブロック。
先頭から5分ほど遅れてやっとスタート地点です。
走り出したものの、1Kmごとのチェックポイントが長い事。
中々次の1Kmが来ない。
コースも主人は殆ど坂は無いと言っていたのに、
結構アップダウンがありました。
走りこんでいる人には大したことがない坂も、
初心者にはめちゃくちゃ大変。
今度から、コースの事を聞くのは同じレべルの人にしておきます。

3Kmあたりでもうやだなーと止めそうになりましたが、
周りの人も走っているので、何とか踏ん張り、5Km地点。
そうなると、6Kmまでは苦にならずに行けました。
7kmあたりで給水ポイントがありましたが、
慣れないとうまく取れないものですね。
止まりたくないので、一口だけ口に含んで、そばのごみ箱に。
ゴールのスタジアムが真横に来ると、完走は大丈夫かなと、
かなり安堵。
そして、スタジアムに入ると、ゴールまでは数百メートル。
思った以上に余力があったので、スピードアップ。
10人ぐらい抜いてフィニッシュ!
これがラストスパートってやつか・・・。
走るのが遅い私にとっては、人生初めての経験でした。
タイムは65分59秒。
出来過ぎです。
だからといって、来年は・・・などという気はありません。
やっぱり、走るのは辛いです。
楽しんで・・・などと言われなすが、私には遠い感覚です。
と言いながらも、次は2月に20Kmのレースに参加予定です。
今度はもう少し、制限時間に余裕があるみたいなので、
距離を走れるように練習しなければいけません。
何か良いことあるって信じて、頑張ろうっと。

本日の一曲No.376:ダンシング・クイーン

みんな知ってる、アバの曲です。
なぜ、この曲かって?
前日の夜、娘と話していて(彼女も走りました)
自分の中で走るテンポにあった曲をかけていれば走りやすいんじゃないか、
という事で、見つけたのがこの曲でした。
ですが、実際に走ってみると、頭の中で曲を流すどころではなく、
直ぐに途切れてしまうので、イントロの初めの部分だけが何度も出てくる。
結局、曲としては殆ど成立しませんでした。
ですが、坂道とか前の人に詰まったときとかに、
ペースが遅いと感じたときは、この曲を頭の中で流してペースを取り戻すことが出来ました。
だから作戦は成功!という事で。
ストップウォッチも付けていたのですが、
途中で手首がスイッチに当たったのか、後半に見たときには変な秒数で止まっていて、使い物になりませんでした。
物に頼ってばかりではダメなんですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント