本日の一曲:No744 新解釈三国志~革命

2021年1月・・・ついに年金生活に突入です!

47年間、サラリーマンとして会社に仕えて来た主人にとって、定年とは?
見た目にはまだまだ元気で健康で動けるというのに、
ある日突然その日はやってくる。

突然とは言っても、入社した時からその日が来ることはわかっていて、
それなりに準備を進めておくものだけれど、
その歳になったからというだけで、仕事を引き継ぎ、花束を貰って帰ってきたら、
次の日からは、無職と言う肩書のおじいさんになってしまう。
特にする事もなく過ごしている姿を見ると、なんとも惨いとさえ感じてしまう。
何と言うか、敵のいないクーデターに会ったような物。
今を受け入れ新しい生活を自分で構築していかなくてはならない。
その日から一か月が経ち、色々な手続きもほぼ終わり、
落ち着いてきた分、何だか背中が侘しい。

主人の場合、ランニングと将棋と言う、両極端な趣味を持っている分、
今のところ、時間をつぶす事には苦労しないようだが、
やはり世の中と接点がないと、いけないものだと感じる。
私が仕事から帰ると、それなりに話をするが、今までよりも理屈っぽくなった気がする。
他に話す相手もいないから、ニュースに対してだの思ったことを伝えるのは私しかいないわけで、
発散する空間がないのだろうと思う。
その点、主人の場合、最後の職場が同じような年齢の方が多かったお蔭で、
ジジ様仲間がいてくれる。
今は若い子だけではなく伯父さんたちも女子化していて、
一か月に一度はモーニングでジジ会をやろうという事になったらしい。
こちらとしても、年金生活の先輩に情報を聞く事が出来て助かっている。

それにしてもビックリするのは、公的資金の配給の遅さだ。
退職して収入がなくなるというのに、年金が振り込まれるのは2か月も後。
書類が来るのも遅い。
返信封筒にはこちらで切手を貼る。
今時、民間では考えられないサービスの悪さ。
良い事と言えば、コロナのせいで窓口が空いている事。
どうしても行かなきゃいけないから行くけれど、
相談などに来る人は減っているようだ。
当然悪い事もある。
せっかく定年した人たちのサークルに入会しても、活動がない。
近くの学校の土曜のクラブにボランティア登録しても、自粛中。
引きこもるしかないではないか?

と言うわけで、家に居て色々修繕してはくれるのだけれど、
毎日のように、ホームセンターの領収書が渡される。
ありがたいけど、今、お金入ってこないんだよ~。

退職した主人だけではなく、財布の中にも、私の生活も、
今革命の真下なのである。



本日の一曲:No744 新解釈三国志~革命
先日、ほぼ一年ぶりに映画を観に行ってきました。
自粛中ではありましたが、逆に誰も居ないだろうと・・。
マスクして、席を放して予約して・・・。
平日の午前、予想通り、ロビーには誰も居ない。
シアターに入ると、中年の夫婦が一組。
私たちの後に女性の親子連れが一組。
以上6人で見ました。
ちょっと罪悪感もあったけれど、映画館は対策をしっかり頑張ってくれていると実感しました。
面白い映画でしたが、終わった後も話もせず、さっさと外へ。
ちょっと窮屈な思いはありましたが、観に行って良かったと思っています。
「映画って、いいもんですねー。」
水野晴夫さん風に言ってしまいそうでした。

主題歌は福山雅治ですが、映画の中身よりカッコいい曲でしたね。
音楽は瀬川英史。
知らない作曲家さんでしたが、面白い構成でした。
赤壁の戦いのシーンでは、もろレッドクリフのアレンジ風。
わかりやすいパクリで文句はありません。
映画自体がギャグ連発のコメディータッチですから、
音楽も何でもOKですかね。
最後だけ、カッコよく、革命。
そして、劉備の台詞。
言いたかったことはここだけ、ですかね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント