本日の一曲No421:太陽の帝国~大空のキャデラック

皆既日食・・・。

見ましたよ! 日食。
私が住んでいる地方でも、78%ぐらいは欠けて見えるというので、
今朝、会社に行く時、セルロイド(今は何ていうの?)の
色つき下敷きを持って、出かけました。

10時少し前から欠け始め、11過ぎに最大になるというので、
10時半ごろ、倉庫へ行ったついでに、外の駐車場で空を眺めてみました。
薄っすらと曇った空に浮かんだ太陽が、
太めの三日月になってました。

窓から射す日差しが少しでも明るくなると、
今なら見えるかなー?
などと、気もそぞろでお仕事しました。
事務所の中には、女性が8人、男性が3人ほどいましたが、
誰も、その話題には触れません。
みんな、真面目にお仕事です。

もう、今度日本で皆既日食が見られる頃には、
この世にはいないだろうと、
私なんかは、結構、昨日あたりから、リキが入っていたのですが、
皆さんの様子に、ちょっと拍子抜け。
それでも、めげずに、声を掛けてみました。

「今、太陽、欠け始めてますよー。
ちょっとお手すきなら、倉庫から見えますよ。」

それじゃ、と、みんな交替で見に行かれてました。
ですが、今、私と組んでお仕事している女性だけは、
全く興味を示しませんでした。
仕事中は、いっさい余計な話はしない子ですが、
まー、ここまで仕事以外に無関心だと、何が楽しくて生きてるのかと、
思ってしまいます。
(おおきなお世話ですが・・・)
私も、私語はしない方ですが、
仕事の話をしていても、いっさい、冗談も会話もなしだと、
さすがに、横にいて疲れます。

その点、オバチャンは、ある意味、何にでも興味を示す動物のようで、
消防車や救急車が2.3台続けて通っただけで、
窓に張り付くし、パトカーがサイレン鳴らして通ったりしたら、
もう、大事件。
実際、すぐ近くの銀行に強盗が入り、目の前の交差点が
立ち入り禁止テープで封鎖され、
刑事さんが、聞き込みに来たこともあるのですが、
まあ、そんなときの賑やかな事。

変な好奇心は困りものですが、
いろんな事に興味を持つという事は、
生きていくうえで、生活を楽しく、
豊かにしてくれるものだと思うのですがねー。

私があんまり嬉しそうに見ていたからか、
11時過ぎに、倉庫のおじさんが、伝票を持ってくるついでに、
「今、きれいに見えとるよ。」
と、わざわざ、教えてくれました。

仕事中だったけれど、
「ありがとう、行きまーす。」
と言って、倉庫へ。

倉庫から駐車場へ出てみると、
ちょうど、薄雲がフィルター代わりになって、
肉眼でもはっきりと、欠けた太陽が見えました。
さっきより、ダイエットに成功した、細い三日月が、
灰色の空に、白く浮かんでいました。
ほんと、まるで三日月のようでした。

思ったより暗くならなかったのが、ちょっと、期待はずれでした。
でも、宇宙って広くて大きい物なんだなーと、感激。

空の上では、絶対に光を遮る物がないと思っていた太陽にも、
弱点はあるのだと、黒い月の存在に、
いつになく力強さを感じた日でありました。
太陽と月、どちらがこのショーの主役かなんて、
考える方がヤボですよね。

・・・ ・・・ ・・・

今朝の会話から、血のつながりは怖いと思った出来事が・・・。

娘に日食の話をしていて、10時ぐらいから始まるらしいよ。
と言ったら、
「そんなに遅いの、もう寝る頃じゃん。」

「ちょっと、待て。
あのね、お日様が夜昇るか???
朝の10時に決まってんでしょうが。」

そして、彼女が出勤した後、母に電話。
やっぱり、日食の話に・・・。

「それって、夜の10時?」

「あのね、太陽は夜は昇るわけないでしょ。」

「そうやな、・・・。」

あのね、全く同じリアクション取らないでよ。
大学で宇宙航空コースで勉強をしている息子にも
メールをしましたが、
彼には時間の事はメールしませんでした。
だって、又、夜?って聞かれたら立ち直れませんもの。

本日の一曲No421:太陽の帝国~大空のキャデラック
1987年、アメリカ映画。
監督:スティーブン・スピルバーグ、主演:クリスチャン・ベール。
音楽は、ジョン・ウイリアムス。

太陽→日の丸→日本
どうしても付きまとうこのイメージですが、
その事が言いか悪いかは別として、
いくら丸いと思われている太陽でも、欠けることはあるんだと、
謙虚な気持ちでもって、日本という国を動かして欲しい物です。
ちなみに、昨日は、国会が解散。
自民党という、大政党が翳りを見せ初めてから、
随分と日が経ちますが、
崩壊寸前の政治の最中、
40数年ぶりの皆既日食が、日本で見られるなんて、
なんだか、神がかり的にも思えますね。

キャデラックっていうと、高級車の代名詞。
日本で言えば、クラウン、センチュリー、セドリック。
今なら、レクサスなんかが高級車ですか。
しかし、時代は、ハイブリット。

いいところを混ぜ合わせ、もっといい物を、という思考って、
政治にも必要なんじゃないかなー?
私、ノンポリなので、自分の都合でしか、世の中よくわかりませんが・・・。




太陽の帝国
EMIミュージックジャパン
2009-06-10
エンパイア・オブ・ザ・サン

ユーザレビュー:
太陽の帝国って?リー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"本日の一曲No421:太陽の帝国~大空のキャデラック" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント