本日の一曲No465:ラッキーレディー~浮気はやめた


就職活動・・・。

娘が、今年の4月に就職したと思ったら、
もう、息子の就職の話です。


世の中、動きが早いというか、
人生短い?というか・・・。
まだ、大学3年生なのに、もうそんな話かい?
しっかり勉強してからにしろよ!
って、思うのは、私だけ???

やたら、?なんやら !やらが多い文になってしまいましたが、
ほんと、そんな気持ちです。

先週末、息子から来たメールに、
「今からレポートやらA○Aのエントリーシートに書き込む文章やらやります。
そういえば○○さんに3年のうちに就活するのもありだって言われた。
JR○海とか○電とかいいんじゃないかと。
パイロット以外考えてなかったからなー。
就活ってどんなものなのでしょーか?」

何て。

確かに、息子の同級生の親同士の話の中で、
もう就職先の目星をつけているとか、
何処を受けるか考えてるとか、
就職活動っぽい話は聞いていましたが、
息子の場合、工学系だという事もあり、
院へ行くだろう(入れればの話ですが)
という入学したときからの覚悟だったので、
親も子も、あと、3年あるというのんびりした感覚でいたのです。
(資金面では、とっても、のんびりではありませんが)

でもって、私から彼へ・・・。

就活って奴は、した事がないのでよくわかりませんが、
今年よりも来年が、更に厳しくなるような事は聞きますね。
けど、
それなりに一生懸命生きていれば、自ずと道は開けると信じていますので、
君は、君の目指す道を、今は頑張ればいいのではないのかと・・・。
その為に、今決めるよりも収入的には少ない職に就くことになったとしても、
自分で納得出来ればいいんじゃないかな。
そういう母も、たぶん父も、
世でいう安全パイばかり選んで来た人生なので、
リスクを負って挑戦するという冒険をした事がありません。
それが良かったか悪かったかといわれれば、
今、その道が間違っていたとは思いませんが、
それは、自分の能力を考えた場合という前提。
所詮、憧れの境地です。
今だって、不平不満を抱えながら、
パートの職ひとつ変えられないでいる自分が、
たまらなく嫌になる時があります。
どうしてこう、先の事ばかり考えちゃって、踏ん切りがつかないのかと。
何処に行ったって、不安や失敗はあるものなのに、
実行する前から、その不安や大変さから逃げて、今の温床に浸っている自分がいます。

だったら、文句言わずに、さっさと働けって事ですよね。
結局は、自分に自信がないから、次のステップにはいけません。

君には、折角、”選択する”という権利があるのですから、
その選択肢を、慌てて、早く狭くする事もないし、
君には、それだけの能力もあるわけで・・・。
是非、後3年(院まで行ったらね)のうちに、
夢を持った将来の選択を見つけてください。
自分の気持ちを満たす職が、今、手に入るというのなら、
今でもいいとは思いますが、
大学中退という肩書きは一生ついて回ります。
どんな理由があったとしても、それは事実として残るという事は、
忘れない方がいいです。

自分が納得できる職に就くという事は、
人生に於いて、一番難しい事かもしれませんが、
この先、長い時間を費やす事になる場になるのですから、
後悔のない様に。
その点、おじいちゃんを見てればわかるでしょ。
あの人は、幸せな人だと思いますよ。
給料は少なかったし、家族は大変でしたけど。

息子の返事・・・。

就活の件は勘違いしてるみたいだけど、
3年に就活して卒業後に就職するわけよ。
早く決まりすぎて大学側が企業に遅くてくれと頼んでるらしいけど。
まあ、そんな感じですよ。

折角、リキ入れて意見してみたのに、ガク!!


息子の場合、
学部を決めるときに大体、勘違いしていて、
パイロット=航空工学
だと思い込み、そちらの道へ入学。
(いい加減家族は親も誰も気にしてなかった)
ところが、パイロットは設計とかするわけではないので、
航空工学は特に関係なかったらしい。
たまたま、野球部の先輩に、航空会社の試験を受けた人がいて、
いろいろ教えてもらいながら、この冬、とりあえずトライするらしい。
こちらの場合、そのまま就職試験に繋がるので、
ある意味、就職活動みたいなもんですけどね。
とっても倍率高いそうなので、
一か八かですが、
折角受けるなら、ダメ元というよりは、
受かる気で頑張れって、
言うのは簡単なんですよね。

院の方も、3年になったとき選んだ専攻が、
人気の高いところだったらしく
(それも後で知り、よく入れたと・・)
院試に合格するのも、難しいらしい。
何かと、ゆっくり生きてはいけない息子のようですが、
それなりに運もあるようなので、
使い果たしていない事を祈りつつ、
又、うまく運が向いてくれるといいね、などと話をしている
どうしようもない親子です。

本日の一曲No465:ラッキーレディー~浮気はやめた
1976年、アメリカのアドベンチャー映画。
主演の3人が(ライザ・ミネリ、ジーン・ハックマン、バート・レイノルズ)
いい感じ。
音楽は、ラルフ・バーンズ。
ウクレレの伴奏に、なんとものんびりした雰囲気の歌が乗っかります。

幸運は、努力したものの所にやって来る。
そう信じています。
そうあって欲しいと思います。
あっちがいいかな、こっちにしようか、
何て、思わずに、時には突き進んでみてもいいじゃない。
アラフォーも真ん中まで来ると、
返って、そんな気持ちになってます。







"本日の一曲No465:ラッキーレディー~浮気はやめた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント