本日の一曲No688 陽だまりの公園


整体・指圧・マッサージ・・・・。

10日の金曜日、初めて指圧なるものをうけに行きました。
一年ほど前から上がりにくくなっていた肩が酷くなったのと、
今の職場のハードな仕事の為と年末の大掃除(職場の)で
足腰に右肩、足首痛と、満身創痍の状態でした。
が、元来丈夫なのと鈍感のおかげで、そう酷くはならずにすんでいたのですが、
ついに夜中両肩が痛くてどっちを向いても寝られない状況に。
主人と息子が通っている整体院に行く事を決めました。

何だかんだと結局、2時間近く施術してもらいました。
こういう所へ行くのは初めてだったので、不思議な体験でした。
肩が痛いのに脚を伸ばすと痛みが取れたり、
痛い場所と実際に縮んで原因になっている場所が違うんですね。
今まで、子供達のマッサージというと、
痛いとかこっている場所をもんでいたのですが、
それだけでは駄目だったという事を実感しました。

本日の一曲No688 陽だまりの公園
1987年 中村由利子の「風の鏡」より

マッサージ、痛いときは別ですが、心地良くなっている時、
こんなピアノの曲が頭の中で流れているような気分でした。
隣のベッドのおじさんは、途中いびきかいてましたし。
かと思ったら、その後呻いてましたけどね。
そっちを見る余裕はないので、何をされてどうなっていたのか
さっぱりわかりませんが、あの豹変振りは凄かった・・・。

"本日の一曲No688 陽だまりの公園" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント