本日の一曲No.735:インディジョーンズ~レイダースマーチ

一難去って・・・・

人という動物はどうも敵を作りたがる傾向があるらしい。
自然界には天敵がいないから、自ら作り出してしまうのかとも思うけれど、
世界には、いがみ合うことなく暮らしている民族もいるとか・・・。
とにかく、今の日本では、余程の状態に陥らない限り、
平穏を求めているようで、実は争いの種を見つけようとしながら生きているのではないかと思ってしまう。
・・・様な気がする。(自分も含めて)

久しぶりに何か書こうと思ったというのに、いきなり物騒な話になってしまった。
実は、最近、職場の仲間にブログをやっていると言う人を見つけた。
話をしていて、このホッタラカシのブログも更新してみようかと思った次第。
そして思い当たったこの話。
私はブログをさぼっている間に転職をした。
13年半務めた会社を辞め、全く違う職種の仕事へ。
会社の社員食堂で、いわゆる食堂のおばちゃん、である。
最初の会社で5年半。
生物多様性という言葉は最近よく聞かれるが、
此処では人類多様性とでもいうのかな、
考え方、生きてきた道、いろいろな人が絡み合って一つの仕事をやり遂げる。
今流行りのラグビーじゃないけれど、
One for All
の気持ちがないとうまくいかない職場だと思っている。

その後異動し、別の会社で1年半が過ぎて今に至っている。
ところが、今の職場は若い人が多く、オバチャンというのとはかなり違う。
20代、30代、40代前半、50代が入り混じる。
ジェネレーションギャップもあれば、個々の個性もはっきりしている。
ほぼ全員が初心者ではじまった。
勢いはあるけれど、経験不足は否めない。
確固たるリーダーがないままに新しい職場として発進してしまったが故に、
1年以上たった今でも信頼関係が築けていない。
事実この短期間の間に、半分ぐらいの人が何らかの理由で去ってしまった。
先日も、中でも一番?のイケイケの子が辞めた。
これで空気が変わるかな、少しは落ち着くかなと思ったけれど、
次の日には、新しい問題が・・・。
所詮、人間関係なんてイタチごっこなのかしら。
どちらを向いても敵か味方か?
ってこんな言い方をしなければならないこと自体が悲しい現場だ。
明日は新しい子が入って来るというが、果たしてどうなる事やら・・・。
私としては、もう何も期待はしない事にしている。
これも悲しい事だけれど、一喜一憂していたら自分の気持ちがもたない。
裏切られるのは、もう沢山です。

本日の一曲:インディジョーンズ~レイダースマーチ
作曲はジョン・ウイリアムス御大
一難去ってまた一難というと、この映画を思い出します。
次々に襲い掛かる災難を乗り越えて・・・。
現実も映画の様に上手く行けばいいのですが。
人間関係もスリリングでサスペンスにあふれていて、映画よりも奇なりです。
色々あっても楽しむぐらいの余裕があればいいのですが、
それな中々。
せめて、信じられる人がひとりは居てくれて、
安心していられる場所があれば、何とかなる!
と信じたい。





"本日の一曲No.735:インディジョーンズ~レイダースマーチ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント