テーマ:旅行

本日の一曲No420:ハリーポッターと不死鳥の騎士団~ファイアーワークス

魔法の国?・・・。 昨日は、20数年ぶりに、清里へ行ってきました。 先回行ったのは、子供が生まれる前ですから、かれこれ20年。 今でも、以前の様に賑やかな街かしら? と、娘と、娘の友達の4人で出かけてみました。 娘たちの世代には、清里はあまり聞かない場所らしかったのですが、 牧場や野原?が大好きな子たちなので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本日の一曲No409:涙そうそう~涙そうそう

ETC発動2・・・。 今回の旅は、ドライブそのものが目的だったのですが、 一応、行く先は息子の下宿先という事で、 日曜日のOP戦の観戦も兼ねていました。 ところが、息子は第2試合にしか出ない上に、 娘のお目当ての○○前キャプテンも、来ないという事が判明。 日曜日は、朝早く出発する事になりました。 とりあえず土曜日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No386:レッドクリフPart2~Precious One

兄妹・・・。 先週末から、今日まで、 息子のところに行っていました。 目的は、大学野球の観戦です。 去年も、この時期、父を連れて行ったのですが、 今年も、一緒に連れて欲しいというので、 夜行バスに乗って二人で出かけました。 まー、少し早めの父の日と、 少し遅めの母の日のプレゼント。 (父がいないと、母もパタパタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No380:ジュリア~パリのリリアン

旅行記その2・・・。 5/1、私にとって、初めてと言ってもいい、ひとり旅。 その目的は、友達に合うことでした。 といっても、普通に友達と言ってもいいのかどうか。 実は、その友達(といってもいいと思うのですが)とは、 今まで一度もあった事がない。 ブログや、ブログ小説まがいの私の拙い文に、 何度かコメントをいただいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No378:世界の車窓から(溝口肇)

旅行記その1・・・。 息子の一件で、のびのびになっていました、 ひとり旅の旅行記。 今日は、娘も仕事だし、家には私だけなので、 ゆっくりと思い出しながら、書いてみます。 予定では、朝5時に出発するはずだったので、 4時半に起きればいいかと、目覚ましをセット。 なのに、小学生の修学旅行前夜と同じです。 寝つきが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No375:ターミナル~ラヴ・テーマ

行ってきました、ひとり旅,PART1~・・・。 5/1(金)、 人生45年、初めてのひとり旅、なるものを経験しました。 きっかけは、ブログにコメントや励ましの言葉を頂いていた方から、 一度、会いませんか?とお誘いを受けたこと。 その方のホームページを読ませていただき出してからは、 数年になりますが、コメントをやりとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No160:アラビアのロレンス~序曲

親子3代、珍道中記・・・その3 3日目、家の中の用事を済ませると、午後から、又、球場へと向かった。 しかし、今日は、土曜日。 バスのダイヤが昨日とは違う。 本数が少ないことが焦りに繋がった。 同じバスのりばでも、経由が違うバスがあるのは知っていたのですが、 運転手さんに○○まで行きますか? と、尋ねると、近くま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本日の一曲No159:ホテル~愛のテーマ

親子3代、珍道中・・・その2 一晩明けて17日の朝、和洋バイキングということで、 息子は例によって、食べ過ぎ。 部屋へ戻るなり、おじいちゃんが持っていた胃腸薬をもらって、飲んでいました。 そこまでして食べなくても、と思うのですが、 普段、貧乏暮らしで、食に飢えている息子にとっては、滅多にないチャンス。 昨日の、ピッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No158:ナショナルトレジャー2

親子3代、珍道中記・・・その1 父と二人で出かけた旅から、今日無事帰って来ました。 バス中2泊、ホテルに1泊の、3泊4日。 何かと忙しい旅でしたが、中身は濃かった・・・というか、 予想通りの珍道中。 旅の目的は息子の(父からすれば孫の)野球の試合を観戦しに行く、 ということでしたので、一般的な観光旅行とは違います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の一曲No157:幸福の旅路~君は僕のすべて

始めての父子旅・・・ 明日の夜から、息子のところへ出かけます。 夜行バスに乗り、次の日の朝、目的地に到着する遠距離バス。 乗車して小一時間もすると、消灯となり、朝まではひたすら寝るだけ。 そんな旅とも言えない旅に、今回は同伴者がいます。 それは、72歳になる父です。 父は若い頃、観光バスの運転手になりたかった事もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more